[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳以来11年ぶり日本一 「人に頼りたくなかった」寺田明日香を変えさせた一時引退

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害では日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が13秒09(無風)で、11年ぶり4度目の日本一に輝いた。五輪内定はお預けとなったが、31歳が日本記録を連発した今季の活躍を印象付ける走りを披露。引退、出産などを挟み、11年前とは異なる「人に頼る」強さがあった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

東京五輪閉会式は一人娘の誕生日「終わった後に甘やかしてあげたい」
東京五輪閉会式は一人娘の誕生日「終わった後に甘やかしてあげたい」

陸上・日本選手権、寺田明日香の成長「辞めた時はここに立てると思っていなかった」

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害では日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が13秒09(無風)で、11年ぶり4度目の日本一に輝いた。五輪内定はお預けとなったが、31歳が日本記録を連発した今季の活躍を印象付ける走りを披露。引退、出産などを挟み、11年前とは異なる「人に頼る」強さがあった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 11年間で得たものは大きかった。集中力をMAXにさせたスタート。寺田はいつも通り鋭い視線をレーンに向けた。ピストル音とともにスイッチオン。10台のハードルを飛び越え、先頭でフィニッシュした。タイムは13秒09と満足いくものではなかったが、20歳以来の日本一だ。

 会見では開口一番に「もう、つらかったです」と苦笑い。一度競技から離れた時期を思い返すと、潤んだ瞳で声を震わせた。

「日本選手権は本当に特別だなと思いました。復帰して3回目。11年前に優勝した時ってどんなふうだったんだろうと思うと、ちょっとウルウル来ました。辞めた時はここに立てると思っていなかった。11年の時を経て、また優勝の景色が見られたと思うと凄く感慨深かったです」

 2010年に日本選手権3連覇。輝かしいキャリアを築いた一方で、怪我などを理由に23歳だった13年に一度引退。14年に結婚し、長女・果緒ちゃんを出産した。大学で児童福祉を学んでから企業勤務も経験。出産から2年を過ぎた頃に受けたオファーで、7人制ラグビーに挑戦した。

 引退前は「弱い部分を他人に見せたくなかったし、できるだけ人に頼りたくなかった」と何でも自分でこなそうとした。トラックから離れ、夫に出会い、娘が生まれ、大学の授業や社会人経験、ラグビーで多くを学んだ。再び陸上への情熱が燃え上がり、18年12月に競技復帰。若い頃と比べ、最も変わったのは「人に頼ること」だった。

「今の自分には人の力があると思います。自分一人で走っているつもりではなく、自分に驕ることもない……かな?(笑)。自分だけの力じゃなくて、いろんな方々の力を借りてできている。(悪い時は)私だけのせいじゃないし、みんなのせいでもあるし、でもみんなの日本記録でもあるし、そう思えるところが凄くよくなった部分かなと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集