[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ケンブリッジ飛鳥「悔しい」 準決敗退に落胆「いいところなく終わってしまった」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、山縣亮太が10秒16(無風)の全体トップで決勝進出。ケンブリッジ飛鳥は10秒44(向かい風0.9メートル)で3組5位に終わり、決勝に進めなかった。上位8人による決勝は25日午後8時30分に行われる。

100メートルを走り抜き、悔しそうな表情をみせるケンブリッジ飛鳥【写真:奥井隆史】
100メートルを走り抜き、悔しそうな表情をみせるケンブリッジ飛鳥【写真:奥井隆史】

山縣が全体トップ、ケンブリッジは10秒44で25日の決勝に進めず

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、山縣亮太が10秒16(無風)の全体トップで決勝進出。ケンブリッジ飛鳥は10秒44(向かい風0.9メートル)で3組5位に終わり、決勝に進めなかった。上位8人による決勝は25日午後8時30分に行われる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 桐生祥秀、小池祐貴と同組だったケンブリッジは後半に失速。自己ベストの10秒03に遠く及ばない、10秒44で3組5位に終わり、25日の決勝に進めなかった。

 レース後は「予選準決ともにいいところなく終わってしまった。悔しいですね。難しいシーズンになってしまって、残念な気持ちでいっぱいです」と悔しさを押し殺し振り返った。

 ケンブリッジは昨年8月の大会予選で3年ぶりに自己ベストを更新する10秒05をマークし、決勝でも10秒03で再更新。しかし、世界陸連の対象期間外だったため、五輪参加標準記録突破は認められていない状況で今大会を迎えた。4月11日の出雲陸上、5月9日の五輪テスト大会は、ともに左太腿裏の違和感で決勝を棄権していた。

 本来のパフォーマンスには及ばず「最初から最後まで思ったような動きができなくて、そのまま終わってしまった。(シーズンの)最初は痛みがあったりして、うまく力が入らないような状態が続いて、その中でやれることはやってきた。足りなかったという感じですね」と唇をかみしめていた。

 史上最もハイレベルな五輪代表争い。参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内に入れば内定する。すでに山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済み。ケンブリッジは昨年8月に自己ベスト10秒03をマークしたが、世界陸連の定めた対象期間外。今大会で再び切った上で3位以内に入らなければならない状況で今大会を迎えていた。

【決勝進出者】
山縣亮太(セイコー)、10秒16(無風)
多田修平(住友電工)10秒17(-0.4m)
デーデー・ブルーノ(東海大)、10秒21(-0.4m)
栁田大輝(東京農大二高)、10秒22(無風)
桐生祥秀(日本生命)、10秒28(-0.9m)
小池祐貴(住友電工)、10秒35(-0.9m)
サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、10秒30(無風)
東田旺洋(栃木スポ協)、10秒35(-0.9m)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集