[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧の「物語感じる写真」 “悔しさ溢れた1枚”にもらい泣き続出「漫画のよう」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスが13日まで行われ、4打差の首位で出た稲見萌寧(都築電気)は通算16アンダーで青木瀬令奈(フリー)に逆転を許し、2位に終わった。大会後にインスタグラムを更新。天を仰いだ悔しさ溢れる画像を公開すると、ファンから「物語感じる写真」「悔し涙に感涙した」などと労いの言葉などが殺到している。

稲見萌寧【写真:Getty Images】
稲見萌寧【写真:Getty Images】

稲見萌寧がパットを外した瞬間の1枚とは

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスが13日まで行われ、4打差の首位で出た稲見萌寧(都築電気)は通算16アンダーで青木瀬令奈(フリー)に逆転を許し、2位に終わった。大会後にインスタグラムを更新。天を仰いだ悔しさ溢れる画像を公開すると、ファンから「物語感じる写真」「悔し涙に感涙した」などと労いの言葉などが殺到している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 想いを込めて打った。首位の青木と1打差、入れればプレーオフに持ち込める可能性のあった最終18番。稲見が放った8メートルのバーディーパットは、ほんのわずかに外れた。膝をついて天を仰いだ。それだけ想いの強かった執念の一打。優勝に届かず、悔し涙が溢れた。

 天を仰いだ瞬間の画像を公開した稲見は、応援に対する感謝を文面に記し「自分のミスでの負けは悔しい」「これからもっと練習して強くなります!」と投稿。青木に対しても「おめでとうございます! 完璧でした!!」と称えた。ファンからはコメントが殺到し、もらい泣きをした人も多かったようだ。

「心底悔しくて出た涙」
「流した悔し涙の分だけ強くなれますよ」
「シビれました!!」
「なぜか自分も悔しくて泣きそうになりました」
「悔し涙に感涙しました」
「一打にかける想いが伝わり感動しました」
「震えた。リプレイみて涙がでました」
「漫画のようなポーズ最高!」
「この写真は好きです。物語を感じます」

 敗れはしたものの、大会前まで今年14戦5勝の強さを発揮した。次週は18日開幕のニチレイレディス(千葉・袖ヶ浦CC新袖C)。悔しさを糧にさらに上を目指す。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集