[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉真美子、8アンダー暫定首位 全米女子Vの笹生に刺激「私ももっと強くなりたい」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは10日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で開幕。ツアー通算5勝の比嘉真美子(TOYO TIRE)は10バーディー、2ボギーの64をマーク。8アンダーでホールアウト時点で首位に立った。

ホールアウト時点で首位に立った比嘉真美子【写真:Getty Images】
ホールアウト時点で首位に立った比嘉真美子【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは10日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で開幕。ツアー通算5勝の比嘉真美子(TOYO TIRE)は10バーディー、2ボギーの64をマーク。8アンダーでホールアウト時点で首位に立った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 2018年にベストスコア63をマークした思い出の地で、比嘉が爆発した。前後半ともに5バーディーを奪い、4日間大会の初日で8アンダーと絶好のスタート。それでも、本人はまだ伸ばせたと、どん欲だ。ホールアウト後には「ティーショットがあまりよくなくて、曲がっていた。そこを改善すればもっといいゴルフができたのではないか」と振り返っていた。

 前週のヨネックスレディスは2日目に腰痛で棄権。「まだ100%いいという感じではない。ちょっと気にしながらです」と話しながらも、「その日のうちに治療してケアだったり、ストレッチはここ数日間できているのが良かったかなと」としている。

 海外メジャー・全米女子オープンで笹生優花が畑岡奈紗とのプレーオフを制し優勝。比嘉も大いに刺激を受けている。自身も2019年の同大会で初日から首位に立ち、最終日最終組でプレーし5位に入った経験がある。

「見ていました。畑岡選手と笹生選手、大きな舞台でプレーオフでカッコいい姿でプレーしていたのが印象的。私も過去に優勝争いだったり、いいプレーをした経験があるので、改めて2人のプレーを見てもっともっと強くなりたい。もっともっと成長したいと強く思いました」

 今大会は優勝、準優勝選手に海外メジャー・AIG全英女子オープンの出場権が与えられる。「切符をとって行ける状況であれば、絶対に行きたい」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集