[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山縣亮太、9秒95は「フワフワした」「良い時は飛ぶ」 自身も衝撃体感、会見一問一答

陸上の布勢スプリントが6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝Aでは山縣亮太(セイコー)が日本新記録となる9秒95(追い風2.0メートル)で優勝した。日本人の9秒台はサニブラウン・ハキーム(9秒97)、桐生祥秀(9秒98)、小池祐貴(9秒98)に続く史上4人目。3枠の東京五輪代表を争う24日開幕の日本選手権(大阪)に向けて快挙を成し遂げた。会見では9秒95に「フワフワした。このスピード感に体が慣れていないことを感じた」と衝撃を明かした。

日本新記録となる9秒95で優勝した山縣亮太【写真:奥井隆史】
日本新記録となる9秒95で優勝した山縣亮太【写真:奥井隆史】

陸上・布勢スプリント、山縣会見「9秒台というは長年の夢だった」

 陸上の布勢スプリントが6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝Aでは山縣亮太(セイコー)が日本新記録となる9秒95(追い風2.0メートル)で優勝した。日本人の9秒台はサニブラウン・ハキーム(9秒97)、桐生祥秀(9秒98)、小池祐貴(9秒98)に続く史上4人目。3枠の東京五輪代表を争う24日開幕の日本選手権(大阪)に向けて快挙を成し遂げた。会見では9秒95に「フワフワした。このスピード感に体が慣れていないことを感じた」と衝撃を明かした。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 山縣は隣のレーンの多田と並ぶと、伸びのある走りで振り切った。速報値は9秒97。どよめきが起きると、数十秒後に確定タイム9秒95と追い風2.0メートルを発表された。無観客ながら入場が許可された関係者と保護者らは拍手喝采。日本新記録を樹立し、手を叩いて喜んだ。

 予選の時点で10秒01(追い風1.7メートル)の好タイムで五輪参加標準記録10秒05を突破。決勝は2位が10秒01で多田修平、3位は10秒13で小池、ケンブリッジ飛鳥は10秒28で6位だった。

 主な一問一答は以下の通り。

――心境は。

「凄く嬉しいのとホッとしている気持ちが大きいです」

――どういう気持ちで臨んだか。

「ここが世界の準決勝と思って臨みました。多田選手が先行して途中まで前に見えたけど、今回はラストで集中力を切らさず、走りのペースを崩さないように意識していた。その辺りがうまくハマってくれてラスト出せた要因だと思う」

――フィニッシュの手応え。

「多田選手が近かったので、勝負を考えていて、タイムは意識していなかった。まだまだスタートで先行でいないところがある。決勝もまだまだなところはあると思う。全体的には中盤でペースを乱さない走りが日本記録に繋がったと思う。とにかく中盤でしっかり加速を作れば後半で振り切る自信はある。どれだけ加速ができるかコーチと話し合いながらやりたい」

――速報タイム9秒97。確定タイムまでの心境は。

「公認であってくれ……と思っていた。97でも嬉しかったけど。まさか日本記録の95が公認で出たと思わなくて、2倍嬉しくなった」

――怪我、肺気胸などあった。

「毎年勝負のシーズンだと思って取り組んで、ここ2年はうまくいかなかった。怪我は走りの課題を突きつけてくれるものだと思っていた。しっかり克服できれば良い走りができると思っていた。それが日本記録として出てよかった。どこかで出したいと思って布勢スプリントに臨んだ。その通りになってよかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集