[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、アキレス腱痛で決勝棄権 山縣亮太の10秒01に歓迎「みんな調子が良い」

陸上の布勢スプリントが6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル予選では桐生祥秀(日本生命)が10秒01(追い風参考2.6メートル)だった。決勝は右アキレス腱痛で大事をとって棄権。次戦は3枠の東京五輪切符を争う日本選手権(24日開幕・大阪)となる。

男子100メートル予選で10秒01(追い風参考.6メートル)を記録した桐生祥秀は、決勝を右アキレス腱痛で大事をとって棄権した【写真:奥井隆史】
男子100メートル予選で10秒01(追い風参考.6メートル)を記録した桐生祥秀は、決勝を右アキレス腱痛で大事をとって棄権した【写真:奥井隆史】

陸上・布勢スプリント

 陸上の布勢スプリントが6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル予選では桐生祥秀(日本生命)が10秒01(追い風参考2.6メートル)だった。決勝は右アキレス腱痛で大事をとって棄権。次戦は3枠の東京五輪切符を争う日本選手権(24日開幕・大阪)となる。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 桐生は予選で収穫を掴んで日本選手権の前哨戦を終えた。「スタートから少しもたついた。課題の中盤、後半はイメージ通りです。このタイムで走れたのは日本選手権へ収穫です」と説明。「スタートのセットからゴー(のアナウンス)が思ったより速かった。前半をまとめれば不安はない」と振り返った。

 決勝は右アキレス腱痛の影響で棄権。疲労がたまり、2週間ほど前から痛みがあったという。「(決勝の棄権は大会前から)決めていました。今日は1本の予定。さすがに次が日本選手権なので、1本は走っておきたいと思って出た。でも、1本目を走って引きずったらよくない。調子が良いので走りたかったですけど、大事をとった」と強調した。

 9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキームは不在だが、桐生祥秀(日本生命)、山縣亮太(セイコー)、小池祐貴(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)と豪華メンバーが集結。サニブラウン、桐生、小池だけが東京五輪の参加標準記録10秒05を突破していたが、この日は山縣も10秒01(追い風1.7メートル)をマークしてみせた。

 桐生は「みんな調子が良い」と歓迎。運命の日本選手権へ「決勝で戦ってしっかり優勝して、(五輪出場の)権利を獲得したい」と前を向いた。この日の予選は多田が10秒07、ケンブリッジが10秒24(ともに追い風参考2.6メートル)、小池が10秒18(追い風1.7メートル)だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集