[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

圧巻10Kの大谷翔平 132勝OBは“視界から消える球”絶賛「来ると分かっても打てない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場。6回4安打2失点、10奪三振の力投で今季2勝目を挙げた。無四球と安定した投球に、エンゼルスOBの米解説者も「スプリットは球界で最もダメージ与える球」などと称賛している。

今季2勝目を挙げた大谷翔平【写真:AP】
今季2勝目を挙げた大谷翔平【写真:AP】

マリナーズ戦で今季2勝目をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場。6回4安打2失点、10奪三振の力投で今季2勝目を挙げた。無四球と安定した投球に、エンゼルスOBの米解説者も「スプリットは球界で最もダメージ与える球」などと称賛している。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 久々の2勝目に、元エンゼルス投手も称賛を送った。初回、クロフォードに先頭打者本塁打を許すが、その後は3者連続三振と圧巻の投球。視界から消えるように鋭く落ちるスプリットと、150キロ後半の真っすぐを中心に、6回まで相手打線を2点に抑えた。今季最多タイとなる10奪三振。MLBでは自身初の無四球と安定していた。

 米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、解説者マーク・グビザ氏が試合後に大谷について語る映像を公開。MLB通算132勝を記録している同氏は、この日の投球についてこう語っている。

「スプリットに関しては、野球界で最も相手にダメージを与える球です。来ると分かっていても打てません。速球は97マイル(約156キロ)出ていました。6イニングで76球を投げ、ストライクは50球とかなり効率的な投球でした。10奪三振でMLBのキャリアでは初となる無四球投球です。ショウヘイ・オオタニは本当にグレートでした」

 エンゼルスOBからも絶賛された大谷。今日5日(同6日)の同カードでは、相手先発の菊池雄星との“花巻東対決”に注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集