[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“マジカル頭上捕球”から併殺 ブレーブス左腕に米驚愕「ノールック」「何だこれ?」

9日(日本時間10日)に行われた米大リーグの試合で、“ノールック捕球”した投手の併殺斬りが話題となっている。頭上を越えていくゴロを目視せず、グラブを差し出し見事にキャッチ。その後スムーズに二塁に送球した実際の映像を、MLBが公開。米ファンからは「何だこれは?」「えぇ???」と驚きの声があがっている。

ブレーブスのタイラー・マツェック【写真:Getty Images】
ブレーブスのタイラー・マツェック【写真:Getty Images】

ブレーブス・マツェックの捕球に米ファン「えぇ???」

 9日(日本時間10日)に行われた米大リーグの試合で、“ノールック捕球”した投手の併殺斬りが話題となっている。頭上を越えていくゴロを目視せず、グラブを差し出し見事にキャッチ。その後スムーズに二塁に送球した実際の映像を、MLBが公開。米ファンからは「何だこれは?」「えぇ???」と驚きの声があがっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 打球を最後は見ずにキャッチした。注目されているのはブレーブス左腕タイラー・マツェックだ。フィリーズ戦の7回無死一塁、打席のオドゥベル・ヘレラが、マツェックの頭上を越すようなゴロを放った。と、次の瞬間だった。

 マツェックは半身になったまま、跳び上がるようにしてグラブを頭の後方に差し出す。ボールの行方を見てはいないが、そこに来るのが分かっていたかのようにキャッチした。即座に二塁へ転送。1-6-3の併殺が完成した。これには米実況席も「マジカルプレー」などと大興奮だ。

 実際の映像を、MLB公式ツイッターが公開。文面では「今まで見た中で最高の1-6-3」と文面につづった。米ファンからは「ナイス」「ゴージャスだ」「えぇ???」「美しい!」「これは感心しちゃうわ」「一体全体なんだこれは?」「なんてプレーだ!」「ノールックだ!」「最高!」「これはイケてる」「素晴らしいプレーだ」などと反響が寄せられている。

 マツェックは2014年にロッキーズでメジャーデビュー。2年間で25試合に登板したが、しばらくMLBの舞台からは遠ざかっていた。昨年、5年ぶりにメジャーに戻ると21試合に登板。防御率2.79を記録し、今季もすでに16試合に登板している。試合はマツェックの1回無失点の投球もあり、ブレーブスが6-1で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集