[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「6.37秒の衝撃」― 60m世界新誕生、“電撃レコード”に騒然「クレイジーな速さ」

「6.37秒の衝撃」― 60m世界新誕生、“電撃レコード”に騒然「クレイジーな速さ」

陸上の室内男子60メートルで17年ぶりに世界記録が飛び出した。19日(日本時間20日)、米クレムソン大で行われた室内競技会で、クリスチャン・コールマン(米国)が6秒37の室内世界新をマーク。1998年と2001年にモーリス・グリーン(米国)が記録した6秒39を更新した。電撃レコードを樹立した模様を、コールマン自身がツイッターで動画付きで公開すると、ファンから「クレイジーな速さ」「まるで煙を切り裂くバットマン」と騒然とした声が上がっている。

クリスチャン・コールマン【写真:Getty Images】
クリスチャン・コールマン【写真:Getty Images】

東京五輪100m優勝候補? 21歳コールマンが17年ぶりに室内60m世界新

 陸上の室内男子60メートルで17年ぶりに世界記録が飛び出した。19日(日本時間20日)、米クレムソン大で行われた室内競技会で、クリスチャン・コールマン(米国)が6秒37の室内世界新をマーク。1998年と2001年にモーリス・グリーン(米国)が記録した6秒39を更新した。電撃レコードを樹立した模様を、コールマン自身がツイッターで動画付きで公開すると、ファンから「クレイジーな速さ」「まるで煙を切り裂くバットマン」と騒然とした声が上がっている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 弾丸のように駆け抜けた。8人で行われたレース。コールマンは号砲とともに抜群の反応を見せた。淡い茶色のレーンを躍動感あふれるフォームで疾走。そのまま周囲に大差をつけ、一気に先頭で駆け抜けた。タイムは6秒37。シドニー五輪の100メートル金メダリスト、グリーンが持っていた室内世界記録を0.02秒塗り替える快挙となった。

 コールマンは自身のツイッターで「世界記録、6.37秒! キャリアで最高のスタート。神に感謝します!」と投稿し、関係者が撮影したレースの模様を動画付きで公開している。

 まばたき厳禁の「6.37秒の衝撃」を目の当たりにしたファンも「クレイジーな速さだ」「信じられないスピード」「モンスターレコード」「まるで煙を切り裂くバットマン」と称賛のコメントを続々と投げかけていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー