[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、バットの先っぽでも111m弾 三塁側アングルを米記者公開「本当に驚異的」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が4月30日(日本時間5月1日)、敵地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で9試合連続で先発出場し、第2打席で右越え8号ソロを放った。米記者が三塁側スタンド方向から撮られた動画を公開。バットの先っぽに当たっていたインパクトの瞬間に対し、米ファンから「バットはスペースXによって作られた」と驚きの声が上がっている。

第2打席で右越え8号ソロを放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第2打席で右越え8号ソロを放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が右越え8号ソロ、三塁側スタンドから見た一撃とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が4月30日(日本時間5月1日)、敵地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で9試合連続で先発出場し、第2打席で右越え8号ソロを放った。米記者が三塁側スタンド方向から撮られた動画を公開。バットの先っぽに当たっていたインパクトの瞬間に対し、米ファンから「バットはスペースXによって作られた」と驚きの声が上がっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 これでも本塁打になる。2-2の3回1死走者なし。大谷は低めの変化球をすくい上げた。少し泳がされたものの、腕を伸ばしてバットに当てる。スローで撮られた動画をよく見ると、バットの先付近でかっ飛ばしたようだ。大飛球は右翼フェンスを越えた。4試合ぶりの8号ソロだ。

 三塁側スタンド方向から撮られた動画を公開したのは、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者。文面に「ショウヘイ・オオタニは少し前に崩されてしまったが、それでもチェンジアップを叩いて364フィート(約111メートル)飛ばした。彼のパワーは本当に驚異的だ」とつづった。米ファンからは「大谷のバットはスペースXによって作られた」と米宇宙開発企業の名前を使って反応している。

 この日は4打数1安打1打点。チームは4-7で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集