[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「観客に愛を感じる」 トゥクタミシェワが見た日本の特徴「ミスすると彼女たちは…」

17日まで行われたフィギュアスケートの世界国別対抗戦(大阪・丸善インテックアリーナ大阪)は、ロシアが初優勝を果たした。主将を務めたエリザベータ・トゥクタミシェワは、日本で行われた大会を振り返り「日本の観客は感動的に迎えてくれていました」「リンクに出ると愛を本当に感じる」などと語ったようだ。ロシアメディアが報じている。

エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:AP】
エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:AP】

国別対抗戦から帰国後、母国番組で大会を回顧

 17日まで行われたフィギュアスケートの世界国別対抗戦(大阪・丸善インテックアリーナ大阪)は、ロシアが初優勝を果たした。主将を務めたエリザベータ・トゥクタミシェワは、日本で行われた大会を振り返り「日本の観客は感動的に迎えてくれていました」「リンクに出ると愛を本当に感じる」などと語ったようだ。ロシアメディアが報じている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 ショートプログラム(SP)では80.35点で2位、フリーでは146.23点で3位に入り、ロシアの初優勝に貢献したトゥクタミシェワ。フリーの衣装は背中に漢字の「愛」が入った衣装で、観客を魅了した。主将としてチームをまとめ、会場ではパネルに顔を押し付けた変顔の写真を撮影するなど、大会を楽しんだ様子だった。

 帰国後のトゥクタミシェワの言葉を伝えているのは、ロシアメディア「championat.com」だった。ロシアの人気番組「ヴェーチェルニー・ウルガント」の収録で、24歳は「日本の観客は感動的に迎えてくれていました」などと語り、こう続けたという。

「どのスケーターにとっても、日本で演技することはとても驚くべきことで、素晴らしいことだと思います。なぜなら日本では、フィギュアスケートは最も人気のあるスポーツのうちのひとつだからです。リンクに出ると、いかに日本の観客がスケーターを気にかけてくれているかという愛を本当に感じるでしょう」

 記事によると、トゥクタミシェワは日本の観客の特徴について「日本の観衆は控えめに反応します、ですが、彼女たちはすぐ近くにいると『カワイイ、カワイイ』と言っています」と説明。また、選手がミスをしたときについては「もしミスをすると、彼女たちはいずれにせよ励ましてくれます。もし激しく転倒すると、最初はため息をつき、その後、とにかく拍手してくれます、なぜなら転倒の後に滑るのはより困難でさえありますから」と語っていたという。

 また、ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」によると、22年北京五輪を目指しているというトゥクタミシェワは「今、4回転ルッツを学んでいて、跳ぶためにハーネスで練習しています。感覚を理解するために。空中での4回転は3回転とは違います。24歳だと、体はリスクに向かうのにとても逆らいます。私は体に無理強いし『カモン!』と言っています」と話したという。ベテランとされる年齢になっても、進化を求め続けている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集