[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笠りつ子「一日を一生懸命生きる」 経験積んだ33歳がスーパーイーグルで1打差4位発進

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスが16日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で開幕した。熊本出身の笠りつ子(京セラ)が1イーグル、5バーディー、3ボギーの68で回り、4アンダーで4位発進。沖せいら、山下美夢有、古江彩佳が5アンダーで首位とした。

4アンダーで4位発進の笠りつ子【写真:浜田 洋平】
4アンダーで4位発進の笠りつ子【写真:浜田 洋平】

KKT杯バンテリンレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスが16日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で開幕した。熊本出身の笠りつ子(京セラ)が1イーグル、5バーディー、3ボギーの68で回り、4アンダーで4位発進。沖せいら、山下美夢有、古江彩佳が5アンダーで首位とした。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 笠が地元で好発進した。389ヤードの2番パー4。残り144ヤードから8アイアンを振り抜いた。ボールはグリーンを転がってカップイン。「入った!? えーー!!」と叫び、両手を突き上げて喜んだ。ボールを拾うと、カメラに向かってピースサイン。「目の前にあった木の葉っぱに当たったけど、うまく真っ直ぐ行ってくれて入りました。手前から行ってナイスオンと思ったら転がって入りましたね」。満面の笑みだ。

 2016年大会は開幕前夜に熊本地震が発生。選手たちは被災し、大会中止に見舞われた。笠は17年末に母を病で亡くした。19年には自身の発言の影響で一時ツアー出場を控えたが、昨年から復帰。震災から5年が経ち、多くのことを経験した33歳はゴルフに真摯に向き合っている。

「やっぱり一日、一日を大切にしないといけない。最近も(地元の知人などを)病気で亡くしているので、今日、明日もどうなるかわからない。ここ数年は一日を一生懸命生きようと思っています。あんなに元気だったのにって思っても世の中わからない。コロナもありますし、今日を大切に悔いのないように生きたい。震災で当たり前の日常が当たり前じゃないと気づかされた。それでも忘れてしまう時もあるので、この大会は年に一度見直す機会。今日、ゴルフができることも当たり前じゃないので、しっかり大切に生きないといけない」

 ツアー通算5勝だが、賞金ランク3位に入った16年以来優勝がない。今大会は父・清也さんがキャディーを務める。「地元なのでここでいい成績が出れば、凄い恩返しができると思います」と完全復活へ力を込めた。会見終了後には「練習、練習!」と駆け足で練習場に向かった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集