[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、怒ってなかった? 死球後の“ドヤ顔サムアップ”に米注目「保存しました」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が見せたワンシーンが脚光を浴びている。5日(日本時間6日)のアストロズ戦で死球を受けた際、投手を鋭く見つめた様子が話題に。一塁で微笑みながら親指を立てた様子の動画を球団公式ツイッターが公開すると、米ファンから「保存しました」「良いムード」とコメントが寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

5日に代打死球、大谷翔平が一塁で見せていた表情とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が見せたワンシーンが脚光を浴びている。5日(日本時間6日)のアストロズ戦で死球を受けた際、投手を鋭く見つめた様子が話題に。一塁で微笑みながら親指を立てた様子の動画を球団公式ツイッターが公開すると、米ファンから「保存しました」「良いムード」とコメントが寄せられている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 大谷がドヤ顔を見せていたようだ。8回無死一、二塁に代打で登場したが、サイド右腕スミスの投球が右太もも付近に直撃。鋭い眼光をスミスへ向け、口は真一文字に結んでいた。睨みつけて怒っているようにも見える場面。しかし、直後の投手交代のシーンでは、二塁方向へわずかに微笑みながらサムアップポーズをとった。

 ホセ・イグレシアスの表情と組み合わせた動画を球団公式が「最高の雰囲気しかない」と公開。米ファンから「保存しました」「こういうのが欲しかった」「このワクワクをどう抑えよう」「ファンにとって最高のシーン」「過去最も好きな映像」「彼らが大好きだ」「良いムードだ」と歓喜した様子のコメントが相次いでいる。

 大谷はこの後三塁まで進み、一ゴロの間に快足を飛ばして決勝のホームを踏んだ。死球のシーンは「怒ったオオタニの方が良い」などと注目を集めていたが、直後の違った表情もファンを喜ばせているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集