[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花は「いかにも炎だった」 ジャンプ全成功の熱演を海外称賛「キヒラは勇者だ」

フィギュアスケートの世界選手権が24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕。女子シングルのショートプログラム(SP)では紀平梨花(トヨタ自動車)が79.08点で2位につけた。3回転アクセルなどジャンプは全て成功。大きなミスなく華麗に演じた18歳に、海外識者らからは「彼女はいかにも炎だった」「狂うほど夢中です」などと称賛の声が上がっている。

世界選手権、女子シングルSPで2位につけた紀平梨花【写真:Getty Images】
世界選手権、女子シングルSPで2位につけた紀平梨花【写真:Getty Images】

SPで79.08点、シェルバコワに続く2位

 フィギュアスケートの世界選手権が24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕。女子シングルのショートプログラム(SP)では紀平梨花(トヨタ自動車)が79.08点で2位につけた。3回転アクセルなどジャンプは全て成功。大きなミスなく華麗に演じた18歳に、海外識者らからは「彼女はいかにも炎だった」「狂うほど夢中です」などと称賛の声が上がっている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 紀平の演技に、海外からも熱視線が注がれている。演技冒頭、大技3回転アクセルに成功すると、続く3回転フリップ―3回転トゥループの連続ジャンプ、演技後半の3回転ルッツも決めた。スピン、ステップは全てレベル4を獲得。最後は右手でガッツポーズを作った。リンク外から見つめたステファン・ランビエールコーチらも、満足そうな様子だった。

 2位につけた好演に、ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が運営する専門メディア「インサイドスケーティング」公式ツイッターは「リカ・キヒラは勇者だ。氷上で自信をみなぎらせていた。音楽やテーマを忠実に再現した。彼女はいかにも炎だった」と称賛をつづった。

 また、米国を拠点に活動し、フィギュアスケートにも精通している作家のレイチェリン・マルタ氏も「リカ・キヒラのSPが大好きです。狂うほど夢中です」とツイート。米国の人気コメンテーター、ニック・マクカーベル氏もツイッターで「『凄い。あなたは戦士だ』 ランビエールがキヒラのことをそう話した」と伝えていた。首位アンナ・シェルバコワ(ロシア連盟)とは1.92点差。日本時間27日のフリーで自身初の世界女王を狙う。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集