[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

JSCオンラインセミナー「HPSCプログラム」開催 トップアスリートが中高生に貴重なアドバイス

世界を目指す未来のトップアスリートたちが、世界を舞台に活躍する先輩アスリートたちと交流する貴重な機会が3月14日、オンライン上で実現した。舞台となったのは、独立行政法人 日本スポーツ振興センター(JSC)が主催する「令和2年度 アスリートパスウェイの戦略的支援 オンラインセミナー『HPSCプログラム』 ~未来のトップアスリートへつなぐ世界へのバトン~」。約2時間にわたるセミナーでは、オリンピック競技・パラリンピック競技を代表する2選手が13人の中高生に、自身の経験に基づくリアルなアドバイスとエールを送った。

オンラインセミナー『HPSCプログラム』が行われ、部井久アダム勇樹選手と瀬立モニカ選手が登壇した
オンラインセミナー『HPSCプログラム』が行われ、部井久アダム勇樹選手と瀬立モニカ選手が登壇した

ハンドボール日本代表・部井久選手、パラカヌー日本代表・瀬立選手が登壇

 世界を目指す未来のトップアスリートたちが、世界を舞台に活躍する先輩アスリートたちと交流する貴重な機会が3月14日、オンライン上で実現した。舞台となったのは、独立行政法人 日本スポーツ振興センター(JSC)が主催する「令和2年度 アスリートパスウェイの戦略的支援 オンラインセミナー『HPSCプログラム』 ~未来のトップアスリートへつなぐ世界へのバトン~」。約2時間にわたるセミナーでは、オリンピック競技・パラリンピック競技を代表する2選手が13人の中高生に、自身の経験に基づくリアルなアドバイスとエールを送った。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 セミナーに登壇したのは、オリンピック競技からハンドボール日本代表の部井久アダム勇樹選手(ジークスター東京)とパラリンピック競技からカヌー日本代表の瀬立モニカ選手だ。21歳の部井久選手は中央大学法学部、23歳の瀬立選手も筑波大学体育専門学群に在籍中で、文武両道を極めながら世界の舞台で戦っている。

 一方の中高生参加者は、JSCが地域やスポーツ庁などの関係団体と連携して実施しているタレント発掘・育成プログラムに参加する新中学2年生から新高校3年生までの13人。潜在能力が高く将来性豊かだと期待される未来のトップアスリートたちで、実施する競技はスピードクライミング、フリースタイルスキー(エアリアル)、トライアスロン、ライフル射撃、パラ水泳、パラパワーリフティングと多岐にわたった。

 オンライン会議システム「ZOOM」を利用したセミナーでは、まず部井久選手と瀬立選手によるトークショーを実施。司会を務めた元スキー日本代表コーチの松井陽子さん(JSC)を交え、両選手の実体験に基づいた興味深い話が披露された。

 世界での活躍を目指す参加者たちが参考になったのは、2人が初めて経験した世界大会の話だろう。2015年に開催されたパラカヌー世界選手権が初めての世界大会だったという瀬立選手。「世界選手権、かつリオパラリンピックの第1次予選会という超大舞台に参加しました。すごく緊張したのを覚えています」と笑顔で振り返るが、結果は「苦い思い出」になったという。だが、ただの「苦い思い出」では終わらせなかった。

「スタートで失敗して諦めてゴールしてしまった不甲斐ないレースでした。その不甲斐なさは今、レースに出場する時のモチベーションになっています。世界がどういうレベルなのか認識できて、その後の練習に対する取り組みがメチャクチャ変わりました」

 部井久選手が初めて経験した世界の舞台は、2016年に開催された第4回U-22東アジア選手権だった。「高校2年生の時で、僕も緊張したのを覚えていますし、試合前の国歌斉唱で鳥肌が立った。こんなに心が震えるものかと思いました」と、当時の興奮を振り返った。部井久選手も想像通りにいかなかったことが多く、「すごく緊張して自分の体ではない感覚だった。その時の悔しさがモチベーションになり、2度とこういう想いはしたくないと思いました」と、上手くいかなかった経験をその後の飛躍に繋げたという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集