[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【スポーツ選手の気になる英語】ジョコビッチが優勝後に話した「thick skin」の意味は?

世界で活躍する日本人が多くなった昨今、英語力はアスリートにも求められる。そんな中、初心者でも日常会話で使えそうなフレーズ、慣用句やことわざなど、スポーツ選手が実際に使った英語を動画とともに紹介。今回は、テニスの4大大会・全豪オープンで、3年連続9度目の優勝を飾った世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。大会公式YouTubeが公開した決勝後の会見動画では「thick skin」というフレーズを使っていた。

ノバク・ジョコビッチ【写真:AP】
ノバク・ジョコビッチ【写真:AP】

ジョコビッチが全豪OP優勝後の記者会見で使ったフレーズの意味

 世界で活躍する日本人が多くなった昨今、英語力はアスリートにも求められる。そんな中、初心者でも日常会話で使えそうなフレーズ、慣用句やことわざなど、スポーツ選手が実際に使った英語を動画とともに紹介。今回は、テニスの4大大会・全豪オープンで、3年連続9度目の優勝を飾った世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。大会公式YouTubeが公開した決勝後の会見動画では「thick skin」というフレーズを使っていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ジョコビッチは21日の男子シングルス決勝で同3位ダニール・メドベージェフ(ロシア)に3-0で勝利。試合後の会見では継続的な批判に傷つくかと聞かれ、こう答えている(一部抜粋)。

「もちろん傷つく。自分もあなたと同じ人間。感情もある。誰かが自分を攻撃してくれば、それを楽しむことはない。最も重要なことに集中できるようになるために、長年かけて(批判などに対して)『打たれ強くなった』」

 ジョコビッチが使った英語は「thick skin」というフレーズ。「打たれ強くなった」の部分だ。この場合、文字通り「厚い皮」という意味ではなく、批判などに対して「打たれ強い」「耐性がある」という意味だ。ジョコビッチは「developed a thick skin」と、打たれ強くなっていった事を表現している。「have a thick skin」「have thick skin」「be thick-skinned」でいずれも「打たれ強い」という意味になる。反対に、批判などに対して「敏感」「傷つきやすい」は「thin skin」となる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集