[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは苦手のクレーでも勝てる 参謀が太鼓判「どのコートでも成功すると確信」

テニスの全豪オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)がジェニファー・ブレイディ(米国)を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。全豪で2度目の優勝を飾り、これで4大大会通算4勝に到達。次なる目標は5月にクレーコートで行われる全仏オープンとなるが、ウィム・フィセッテコーチは「どのコートでも成功すると確信している」と太鼓判を押している。WTA公式サイトが伝えている。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】

次なる目標は苦手の全仏、フィセッテコーチがカギにあげるものは?

 テニスの全豪オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)がジェニファー・ブレイディ(米国)を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。全豪で2度目の優勝を飾り、これで4大大会通算4勝に到達。次なる目標は5月にクレーコートで行われる全仏オープンとなるが、ウィム・フィセッテコーチは「どのコートでも成功すると確信している」と太鼓判を押している。WTA公式サイトが伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 メルボルンの地で“なおみ時代”の到来を印象付けた大坂の次なる目標は5月の全仏。全米と全豪で各2勝と、ハードコートでは圧倒的な強さを発揮しているが、クレーコートでは決勝に進んだこともない。全仏での最高成績は3回戦。結果を見ても、やや苦にしている印象がある。

 だが、フィセッテコーチは「彼女はコート上で自然な動きができるし、そういう動きやパワー、得点を重ねるところを見ると、クレーでも十分に活躍できると思う。しかし、彼女には試合数と、その試合の中で、自信をつけることが必要。ゲームプランへの自信ということ」と語っている。

 必要なものとして「自信」というキーワードを掲げている。具体的に続けている。

「(クレーでは)彼女は素晴らしいテニスをしていても、いくつかミスがあると、彼女は疑心暗鬼になってしまう。ゲームプランを疑って、もっと大きなショットを放ったり、もっと我慢したりするべきだったのではと感じてしまう。成功の体験がないと、簡単に疑ってしまうのはないかと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集