[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみの本当の強さ 敗戦ブレイディが体感「重要な場面でリスクを冒せる」

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。25歳のブレイディは初の4大大会決勝で準優勝に終わり、会見では大坂の強さについて言及している。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】

ブレイディが会見で大坂の強さに言及

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。25歳のブレイディは初の4大大会決勝で準優勝に終わり、会見では大坂の強さについて言及している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 初のグランドスラム決勝の舞台に立ったブレイディ。第1セットで粘りを見せたが、肝心の場面でミスが出て取り切れなかった。第2セットは大坂のパワーの前に屈した格好に。対大坂はこれで1勝3敗となった。昨年の全米オープンでは準決勝でフルセットの激戦を演じ、今大会ではファイナルで激突し涙を飲んだ。「大坂の強さ」を問われると、ブレイディはこう答えている。

「彼女は、それが必要な時に本当に良いプレーをした。必要な時に良いショットを打っていた。それらの(大事な)ショットを打つのが最も難しい場面でね。そして重要な場面で相手に守備を強いる。サービング・フォー・ザ・マッチの時のように。彼女はニューヨーク(全米オープン準決勝)でも同じことした。彼女はサーブに自信を持っているから、サービング・フォー・ザ・マッチなど重要な場面でリスクを冒せる。(そういった相手と)対戦するのはタフなもの」

 大坂のここぞという場面での勝負勘、集中力を称えている。その源にあるものがサーブへの自信だとも感じ取ったようだ。

 23歳にしてグランドスラム4勝目を手にした大坂。今後もライバル関係が続くであろう、2歳下の“女王”について、ブレイディはさらにこう続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集