[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NTTコムが白星一番乗り 新加入レイドロー逆転トライ、1年ぶり公式戦でホンダ撃破

新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたラグビーのトップリーグ(TL)が20日、各地で開幕した。東京・夢の島競技場ではNTTコム―ホンダ戦が一番乗りとなる午後1時に開始され、NTTコムがSHグレイグ・レイドローの逆転トライなどにより41-13で勝利。約1年ぶりの公式試合となる開幕戦で、他チームに先駆けて白星を手にした。

NTTコムのグレイグ・レイドロー【写真:小倉元司】
NTTコムのグレイグ・レイドロー【写真:小倉元司】

ラグビー・トップリーグが35日遅れで開幕、1年ぶりに公式戦開催

 新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたラグビーのトップリーグ(TL)が20日、各地で開幕した。東京・夢の島競技場ではNTTコム―ホンダ戦が一番乗りとなる午後1時に開始され、NTTコムがSHグレイグ・レイドローの逆転トライなどにより41-13で勝利。約1年ぶりの公式試合となる開幕戦で、他チームに先駆けて白星を手にした。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 遂に開幕したTL。先制したのはNTTコムだった。6分、スーパーラグビー・ハリケーンズ(ニュージーランド)から加入したSOフレッチャー・スミスが今年のTL第1号トライ。直後に19年W杯日本大会でも活躍した、元スコットランド代表主将のレイドローがコンバージョンゴールをきっちり決めた。新加入選手2人のいきなりの活躍で、NTTコムが7点を奪った。

 対するホンダは、日本代表PR具智元、19年W杯日本大会を制した南アフリカ代表LOフランコ・モスタートがスタメン。12分、SO朴成基がペナルティーゴールを決めて3点を返すと、18分にはWTB藤崎眞樹が左サイドを突破してトライ。朴のコンバージョンも決まって10-7と逆転すると、25分にもペナルティーゴールで追加点。13-7と点差を広げた。

 追いかけるNTTコムは28分、ゴールライン付近から左サイドへ展開し、最後はWTB張容興がトライ。36分にはスクラムの後、レイドローがTL自身初トライを奪って再逆転した。強風が吹く中でのコンバージョンも決まり、19-13とNTTコムがリードして前半を終えた。

 後半10分、NTTコムはレイドローが正面からのペナルティーゴールに成功。20分にはFLリアム・ギルがトライを決めると、33分には途中出場のSH湯本睦もトライ。ホンダを突き放した。

 昨季はコロナ禍により、2月22、23日の第6節で残り全試合が中止となった。今季も1月16日の開幕前に6チーム計60人以上の陽性者が判明し、開幕が1か月延期に。試合数を減らす形で大会方式が変更され、35日遅れで開幕を迎えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集