[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ感染で「4回転ジャンプを失った」 24歳トゥクタミシェワが明かす大きな代償

フィギュアスケートの2014年グランプリ(GP)ファイナル&15年世界選手権女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は、新型コロナウイルスに感染したことで4回転ジャンプを跳べなくなったことを明かした。通信社Rsportsのワシリー・コノフ記者がインタビュー。その様子を自身のYouTubeチャンネル「KonOff」で公開している。

エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

トゥクタミシェワがコロナ禍の影響を吐露

 フィギュアスケートの2014年グランプリ(GP)ファイナル&15年世界選手権女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は、新型コロナウイルスに感染したことで4回転ジャンプを跳べなくなったことを明かした。通信社Rsportsのワシリー・コノフ記者がインタビュー。その様子を自身のYouTubeチャンネル「KonOff」で公開している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 トゥクタミシェワは昨年5月に4回転ジャンプをプログラムに取り入れる意向を示していた。インスタグラムには練習で4回転トウループを成功させる動画を公開。実戦投入も本格的に検討していた。しかし、11月下旬のGPシリーズ第5戦・ロシア杯後に新型コロナ感染が明らかに。コノフ記者に現状を問われると、こう答えている。

「コロナに感染した後、私はまだ最後まで4回転トウループを復活させていません。それゆえに(チャンネルワントロフィーの)ジャンプフェスティバルやプログラムで、そのジャンプを跳びませんでした。安定して跳ぶには、とても良いコンディションじゃないといけないからです。

 昨年、数か月の間はそれを跳んでいましたが、コロナの感染拡大の影響で練習場など全てが閉鎖されて、私はまた4回転トウループを失いました。その後に復活させたのですが、コロナに感染してしまい、また失ってしまいました(笑)。要するに、私は半年でさえもそれを安定して跳ぶことができていません」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集