[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ涙「イージーミスが多すぎた」 大坂なおみに完敗「敗因は? 分からない」

テニスの4大大会・全豪オープンは18日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が同11位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に2-0(6-3、6-4)で勝利。優勝した2019年以来2度目の決勝進出を果たした。敗れた39歳セリーナは試合後、「イージーミスが多すぎた」と振り返り、涙で記者会見場を後にしたという。

大坂なおみ(左)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
大坂なおみ(左)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

大坂に0-2完敗、試合後は涙

 テニスの4大大会・全豪オープンは18日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が同11位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に2-0(6-3、6-4)で勝利。優勝した2019年以来2度目の決勝進出を果たした。敗れた39歳セリーナは試合後、「イージーミスが多すぎた」と振り返り、涙で記者会見場を後にしたという。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 両者は、4大大会では18年全米決勝以来となる対戦。セリーナは第1セット、いきなり第1ゲームをブレークするも、ラリーで大坂にポイントを奪われる展開で第3ゲームから5ゲーム連続で落とした。第2セットも190キロを超えるサーブを繰り出す大坂の前に屈し、決勝進出はならなかった。

 WTA公式メディア「WTAインサイダー」によると、試合後、セリーナは「大会を通じて良い当たりを打つことができていた。最初の数ゲームも良かったし、チャンスもたくさんあった」と振り返った。

 一方で「ただミスが多すぎた。イージーミス。逃げの姿勢に入っていたとかではなく、ただイージーミスが多かった」ともコメントしているようだ。

 ショックは大きかったようで、AFP通信などに寄稿しているリーム・アブレイル記者のツイートによると「敗因は?」との質問に対して「分からない。(会見を)終わりにするわ」と涙を浮かべて会見場を後にしたという。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集