[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「パッキャオの高みに挑戦している」 米メディアは“殿堂入り”確実と予想

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は海外メディア選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高める中、米メディアは未来の殿堂入りを早くも当確予想。4階級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)らとともにボクシング界の「ファンタスティック4」と評価されている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米メディアが「国際ボクシング名誉の殿堂入りの確定者と有望株」を特集

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は海外メディア選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高める中、米メディアは未来の殿堂入りを早くも当確予想。4階級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)らとともにボクシング界の「ファンタスティック4」と評価されている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

「国際ボクシング名誉の殿堂入りの確定者と有望株」と特集したのは米ボクシング専門メディアの「ボクシングシーン.com」だった。

 特集では実績的に未来の殿堂入りが確実な4人の実力者を「ファンタスティック4」と紹介。「Naoya Inoue」も選出されている。

 3階級制覇を達成し、KO率85%という井上の戦績を紹介した上で「米国で2試合登場。10月のESPNのカードで脚光を浴びる中、頑強なジェイソン・マロニーを7回で倒した」と聖地ラスベガスデビュー戦のKO劇を評価。「アルバレス同様に、近接した全ての階級で最強のファイターたちと戦っている」と分析している。

 殿堂入りに今後必要な条件については「おそらくない」と鉄板予想。「彼が20試合しか戦っていないのは事実だが、彼らの多くを怪物のように蹂躙してきた」と寸評では猛者を圧倒してきた強さも特筆している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集