[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

右ストレート一撃で吹き飛ばす 元世界王者、14か月ぶり再起KOに米興奮「最高のパンチ」

ボクシングの元IBF世界ライト級王者リチャード・コミー(ガーナ)が13日(日本時間14日)、米興行大手「トップランク」のメインに登場。WBA同級6位ジャクソン・マリネス(ドミニカ共和国)を右ストレート一撃で相手を吹き飛ばし、1年2か月ぶりの再起戦を鮮やかに飾った。KOシーンの動画をトップランクが公開している。

1年2か月ぶりの再起戦を勝利で飾ったリチャード・コミー【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】
1年2か月ぶりの再起戦を勝利で飾ったリチャード・コミー【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

ロペスに敗れて以来の再起戦、リチャード・コミーが鮮やかに再起

 ボクシングの元IBF世界ライト級王者リチャード・コミー(ガーナ)が13日(日本時間14日)、米興行大手「トップランク」のメインに登場。WBA同級6位ジャクソン・マリネス(ドミニカ共和国)を右ストレート一撃で相手を吹き飛ばし、1年2か月ぶりの再起戦を鮮やかに飾った。KOシーンの動画をトップランクが公開している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 第6ラウンド、残り30秒だった。直前にもダウンを奪っていたコミーは距離を詰めると、下がる相手に対してリードで距離を測りつつ、狙いすました右ストレートを放った。顎を完璧に打ち抜くと、マリネスはロープまで吹き飛び、そのまま仰向けにダウン。レフェリーが試合をストップした。

 歓喜のダンスを繰り出すコミー。ブレイクダンスのような仕草まで繰り出し、喜びを爆発させた。

 2019年12月に“テイクオーバー”こと現4団体統一王者テオフィモ・ロペス(米国)にベルトを奪われて以来の再起戦を見事に飾ったコミー。トップランクは「彼が帰ってきた!! リチャード・コミーがジャクソン・マルティネスをロープへ殴り飛ばし、すぐにライト級タイトル戦へ戻った」と脚光を浴びせ、公式ツイッターで動画を公開すると、米ファンから喝采が起きている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集