[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ戦に「とてもワクワクした」 敗戦ムグルサが称賛「ショットはとても強い」

テニスの全豪オープンは14日、女子シングルス4回戦で世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)に2-1(4-6、6-4、7-5)で勝利。優勝した19年以来2年ぶりの8強入りを決めた。マッチポイントを握り、あと一歩まで追い詰めながらも逆転負けを喫したムグルサは「彼女のショットはとても強かった」と称えている。

大坂なおみとガルビネ・ムグルサ【写真:AP】
大坂なおみとガルビネ・ムグルサ【写真:AP】

初対戦で逆転負け、ムグルサは大坂に対して「良い部分をたくさん持っている」

 テニスの全豪オープンは14日、女子シングルス4回戦で世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)に2-1(4-6、6-4、7-5)で勝利。優勝した19年以来2年ぶりの8強入りを決めた。マッチポイントを握り、あと一歩まで追い詰めながらも逆転負けを喫したムグルサは「彼女のショットはとても強かった」と称えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ムグルサは1-1で迎えた最終セット、第5ゲームで先にブレーク。そして第8ゲーム、大坂のサービスゲームでは40-15とマッチポイントを握ったが、決め切れなかった。続くサービング・フォー・ザ・マッチでは大坂にブレークバックを許し、最後は第12ゲームでもブレークされ、逆転負けを喫した。

 試合後の会見では「違いを作ったのは1ポイントだった。言うのはとても辛いんだけど、1ポイントで彼女(大坂)はビッグサーブをした。でも、注意深く、どこが(勝敗を分けた)瞬間だったのか見なければいけない。全体的に良い試合だった。ともに素晴らしいポイントをとった。もちろん第3セットで5-3のリードをして、マッチポイントをとったのだから、少し落胆している。1秒で変わったかもしれないと感じる試合で負けるのは、いつだって気持ちが良いものではない。でも、良い気持でコートを去る。この大会全般において、とても良い気分」と振り返っている。

 意外にも大坂とは初対戦だった。「とてもワクワクした。なぜ対戦したことがなかったのか分からないけれど、良い試合だった。次の機会を楽しみにしている。彼女は良いプレーをし続けている」と称えている。

 さらに大坂について印象的だった部分を問われると、「印象的……そうね、彼女のショットはとても強かった。サーブも強い。サーブが良かったし、良い部分をたくさん持っているから序盤でコントロールしていた」と素直に拍手を送っている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集