[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ツアーで笑撃ミス 全英OP覇者の“朝一チョロ”に米共感の嵐「親近感が凄い」「仲間だ」

米男子ゴルフツアー、AT&Tペブルビーチ・プロアマは13日(日本時間14日)、3日目が行われた。2018年の全英オープンの覇者フランチェスコ・モリナリ(イタリア)の笑撃ショットが注目を集めている。スタートホールでまさかのチョロ。トップし、わずか70ヤードしか飛ばないというアマチュアのようなティーショットに、米ファンからは「僕らの仲間だ」「親近感が凄い」などと共感する声が上がっている。

フランチェスコ・モリナリ【写真:Getty Images】
フランチェスコ・モリナリ【写真:Getty Images】

モリナリがスタートホールでまさかのミスショット

 米男子ゴルフツアー、AT&Tペブルビーチ・プロアマは13日(日本時間14日)、3日目が行われた。2018年の全英オープンの覇者フランチェスコ・モリナリ(イタリア)の笑撃ショットが注目を集めている。スタートホールでまさかのチョロ。トップし、わずか70ヤードしか飛ばないというアマチュアのようなティーショットに、米ファンからは「僕らの仲間だ」「親近感が凄い」などと共感する声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 プロゴルファーも同じ人間だ。朝もやの中で、スタートホールのティーグラウンドに立ったモリナリ。ウッドを思い切り振り抜いたのだが、ボールは全く飛ばなかった。上っ面を叩いてしまったようで、凄まじいトップ。低い弾頭でコロコロと転がったボールはわずか70ヤードほどで止まってしまった。

 朝一のティーショット。アマチュアではチョロはアリがちなミスだが、トッププロにも起きてしまうのだからゴルフは難しく面白い。PGAツアーの公式インスタグラムでは「PGAツアーにブレックファストボールは無い」と冗談ぽく綴ると、まさかのミスショットに米ファンからの反響が集まっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集