[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョーダンがフリースローラインから跳んだ! 伝説ダンクに米熱狂「忘れられない!」

米プロバスケットボール(NBA)のレジェンド、マイケル・ジョーダン氏。数々のスーパープレーでファンを沸かせた“神様”だが、今なお語り継がれるプレーの1つがフリースローラインから跳び上がり叩き込んだ“フリースローダンク”だ。今から33年前、1988年2月6日に行われたオールスターでのスラムダンクコンテストでの圧巻ダンクシーンを、現地メディアが動画付きで公開。ドミニク・ウィルキンスとの名勝負に米ファンは再び心を震わせている。

現役時代のマイケル・ジョーダン氏【写真:Getty Images】
現役時代のマイケル・ジョーダン氏【写真:Getty Images】

33年前の2月6日、伝説のダンク対決に再び熱狂

 米プロバスケットボール(NBA)のレジェンド、マイケル・ジョーダン氏。数々のスーパープレーでファンを沸かせた“神様”だが、今なお語り継がれるプレーの1つがフリースローラインから跳び上がり叩き込んだ“フリースローダンク”だ。今から33年前、1988年2月6日に行われたオールスターでのスラムダンクコンテストでの圧巻ダンクシーンを、現地メディアが動画付きで公開。ドミニク・ウィルキンスとの名勝負に米ファンは再び心を震わせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 伝説の名勝負で、未だ語り継がれるダンクが生まれた。観衆の視線を一身に浴びながら、勢いにのってドリブルするジョーダンそして跳び上がったのだが、その場所が驚きだった。踏み切ったのはなんとフリースローライン。まるで空中を歩くかのような、長い滞空時間を経て右手一本で叩き込んだのだ。

 今なお衝撃の残るフリースローダンクの他にも、ジョーダン、ウィルキンスがそれぞれ繰り出したダンクシーンに脚光を浴びせているのは、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」。公式ツイッターに「2人の殿堂入り選手が、歴史に残るダンクコンテストに。33年前の今日、マイケル・ジョーダンとドミニク・ウィルキンスが最高のショーを見せ、MJがタイトル獲得」と記して当時の映像を公開すると、再び米ファンを興奮させている。

「2人の伝説」
「ジョーダン、スムーズすぎる」
「忘れられない、エアー!」
「これが極致だった」
「史上最高のダンクコンテスト!!!」
「ウィルキンスは奪われた!」
「ウィルキンスのダンクの凶暴さ」

 ジョーダンの勝利となったが、ウィルキンスの勝利を主張するファンも少なくはないようだ。名勝負は何年たっても色褪せることはないようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集