[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「プレミアのVARは厳しい」 幻のソン・フンミン弾が話題に、映像で見てみると「あ…」

海外サッカーのイングランド1部プレミアリーグで今週、なんとも際どい判定が生まれた。28日(日本時間29日)、トットナム―リバプール戦でトットナムの韓国代表FWソン・フンミンが絶妙なタイミングで裏に飛び出し、ゴールネットを揺らしたが、VAR判定の結果、オフサイドに。日本で中継しているスポーツチャンネル「DAZN」の映像で見てみると、左足かかとが数センチ出ているように見えるが……。サッカーファンの視線を集めた。

ソン・フンミン(右)のオフサイド判定が話題となった【写真:AP】
ソン・フンミン(右)のオフサイド判定が話題となった【写真:AP】

今週プレミアで生まれた際どい判定、VARの精密さを実証する結果に…

 海外サッカーのイングランド1部プレミアリーグで今週、なんとも際どい判定が生まれた。28日(日本時間29日)、トットナム―リバプール戦でトットナムの韓国代表FWソン・フンミンが絶妙なタイミングで裏に飛び出し、ゴールネットを揺らしたが、VAR判定の結果、オフサイドに。日本で中継しているスポーツチャンネル「DAZN」の映像で見てみると、左足かかとが数センチ出ているように見えるが……。サッカーファンの視線を集めた。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 前半3分だった。ソン・フンミンは絵に描いたようなワンツーの連携から裏に抜け出した。そのままドリブル突破からペナルティーエリア左に侵入し、ゴール左隅に蹴り込んだ。鮮やかな先制ゴールに感情を爆発させた背番号7。しかし、だ。VARの確認が入る。ディフェンスラインぎりぎりに位置していたが、結果はオフサイドに。最も相手ゴール寄りにあった左足がラインを越えていたと判断されたようだ。

 日本で中継している「DAZN」の実況席も、ゴール直後は「来たあああ!!!」と大興奮だったが、リプレーでバーチャルのオフサイドラインが引かれれると「あ……」と凝視。ラインからソン・フンミンの左足かかとがわずかに出ていることが見て取れる。オフサイドの判定となり、喜びを露わにするリバプールのクロップ監督の表情を映し出していた。

 プレミアリーグ強豪の激突に注目していた日本のファンも多く、ネット上で話題に。「ソンフンミンのナイス・ゴールだったのに」「VAR怖すぎる」「プレミアのVARは厳しい」「VARありがとう」など、VAR判定の精密さを前提とした上で、悲喜こもごもの声が上がっていた。

 なお、先制点が幻となったトットナムは敗戦。英紙「ザ・ザン」はモウリーニョ監督が「ソン・フンミンのゴールは明らかにオフサイド」と認め、「ゲームが膠着し、試合にきちんと入れていた時に、彼らが最初に得たチャンスと同じ形のゴールが生まれた」とチャンスを逃さずに決めて試合を優位に進めた相手チームを素直に称えたことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集