[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

手の位置が地面すれすれ クセの強すぎるパットに米笑撃「何だこれ!」「ジョーク?」

米男子ゴルファーのクセの強すぎるパッティングが注目を集めている。体を折りたたみ、右手の小指をパターの地面スレスレの位置に添えてパターを振る動作をPGAツアーが動画付きで公開すると、米ファンには「何だこれ!笑」「これはジョーク?」などと笑撃が走っている。

クセの強すぎるパッティングを見せたマーク・ハバード【写真:Getty Images】
クセの強すぎるパッティングを見せたマーク・ハバード【写真:Getty Images】

体を折りたたみ、小指でパターをコントロール…ハバードの独特パットに反響

 米男子ゴルファーのクセの強すぎるパッティングが注目を集めている。体を折りたたみ、右手の小指をパターの地面スレスレの位置に添えてパターを振る動作をPGAツアーが動画付きで公開すると、米ファンには「何だこれ!笑」「これはジョーク?」などと笑撃が走っている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 1度見たら忘れない、個性的なパッティングスタイルだ。注目を浴びたのは31歳のマーク・ハバード。米ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」2日目の9番ホールだ。グリーン上でパターを構えるハバート。まず左手でパターを握ると、右手を離し、親指と小指だけを開いた状態でぐるりと回すように、パターへ下ろしていく。

 体を折りたたみ、パターのシャフトの地面からわずか20センチ程度のところに右手の小指を添えたのだ。異様な体勢。そして左手を起点に、添えた右手の小指でパターをコントロールしてインパクト。カップをわずかにそれて、ガッカリした様子だ。

 クセが強すぎる独特のパッティングシーンに、PGAツアーは公式インスタグラムで「これは新しい」と脚光を浴びせ動画を公開。これに米ファンは「何だこれ!笑」「クレイジー」「これはジョーク?」「革命的」「ハハハ。面白いね」「これは新たなスイング?」などと笑撃を受けているようだ。

 しかし、試行錯誤は実らなかった。15位から出たハバードだったが、2日目は76とスコアを落として通算イーブンパーの108位で予選落ちを喫している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集