[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボー、驚異の打球速度349km スローでも速い迫力映像に米衝撃「ビーストだ」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで圧倒的な飛距離を誇る世界ランク5位ブライソン・デシャンボー(米国)。そのパワーがまたも現地で話題を呼んでいる。室内練習場で放った打球の速度が、驚異の217マイル(約349キロ)を記録したと米識者が動画付きで紹介。迫力のスロー映像に、現地ファンからは「エグすぎ」「ビーストだ」などと反響が寄せられている。

ブライソン・デシャンボー【写真:AP】
ブライソン・デシャンボー【写真:AP】

米識者が室内練習場で放った打球を動画で公開

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで圧倒的な飛距離を誇る世界ランク5位ブライソン・デシャンボー(米国)。そのパワーがまたも現地で話題を呼んでいる。室内練習場で放った打球の速度が、驚異の217マイル(約349キロ)を記録したと米識者が動画付きで紹介。迫力のスロー映像に、現地ファンからは「エグすぎ」「ビーストだ」などと反響が寄せられている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 フルスイングで、衝撃のスピードを記録した。室内の練習場で、ネットに向かってドライバーを構えるデシャンボー。しっかりと振り上げ、強振した。とらえた打球はネットへ一直線。スロー映像にも関わらず、凄まじい速度で突き刺さっている。

 実際の動画を、米専門メディア「ゴルフ.com」のディレクター、ルーク・カー・ディニーン氏が自身のツイッターに公開。文面では速度が207マイル(約333キロ)だったことを伝えている。また、別の投稿ではデシャンボーのスイングを上から撮影した動画も公開しているが、こちらはなんと217マイルだったと記載している。

 ディニーン氏の投稿には、「ゴルフ.com」公式ツイッターも動画を引用して反応したほか、米テレビ局「ABC30 アクション・ニュース」のスポーツディレクター、スティーブ・ヒックス氏も引用リツイートする形で「これがブライソン・デシャンボーの最速クラブヘッドの様子。全米オープンで優勝した時よりも25マイル(約40キロ)速い」とつづっている。

 肉体改造の成果もあり、世界屈指の飛ばし屋となったデシャンボー。実際のコース上で放った打球ではないとはいえ、驚異的なスピードであることに変わりはない。動画に対し、現地ファンからは「エグすぎ」「ビーストだ」「これ最高!」「クールだ……」「これでスローモーション。実際に見たらどんな感じなんだろう」「彼のスローモーションのスイングはオレの通常より速い(笑)」などと反響が寄せられていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集