[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上MVPの新谷仁美、開催不透明の東京五輪へ不動心「いい意味でどっしり構えたい」

日本陸上競技連盟は21日、「日本陸連 アスレティックス・アワード 2020」の受賞者を発表した。MVPに当たる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」は女子長距離の新谷仁美(積水化学)に。受賞者3人がオンライン会見を行った。

12月の日本選手権1万メートルで日本記録を更新し、笑顔を見せる新谷仁美【写真:奥井隆史】
12月の日本選手権1万メートルで日本記録を更新し、笑顔を見せる新谷仁美【写真:奥井隆史】

陸連アワードの受賞者発表、女子1万m日本新の新谷仁美がMVPに

 日本陸上競技連盟は21日、「日本陸連 アスレティックス・アワード 2020」の受賞者を発表した。MVPに当たる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」は女子長距離の新谷仁美(積水化学)に。受賞者3人がオンライン会見を行った。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 2020年において活躍が最も顕著であった競技者1人に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、新谷が選ばれた。昨年1月にハーフマラソン日本新記録(1時間6分38秒)を樹立。全日本実業団対抗選手権では、5000メートルで日本歴代2位の14分55秒83だった。12月の日本選手権1万メートルでは、日本記録を18年ぶりに更新。従来の記録を28秒も上回る30分20秒44の快走で優勝し、東京五輪代表に内定した。

 オンライン会見では「今回、このような凄い賞をいただけてとても嬉しいのと、同時に今後も頑張ろうという意識をさせてくれる賞だと思います。この賞は本当に多くの陸上ファン、普段からサポートしてくださる関係者のおかげだと思っています。これからもそのような賞をいただけるようにしっかり努力していきたいと思います」と喜びを表現。さらに開催不透明となっている東京五輪についてこう語った。

「私に今できることは他者と会わずにできるだけ不要な外出を避けて、できる対策をすること。手洗い、うがいは当然ですが、そういう対策。去年、緊急事態宣言が出た時に私は凄く気分が落ちた。今年はいい意味でどっしり構えていようと思います」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集