[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米大学の短距離走者が衝撃ごぼう抜き 25m差“差し切り”に地元紙「輝かしいカムバック」

米大学陸上の大会で生まれた衝撃の“差し切り”が話題を呼んでいる。女子4×400メートルリレーで、最下位でバトンを受けたミシガン大学の1年生アンカーがごぼう抜き。最終的に1位でゴールした。驚異の走りを地元紙も「輝かしいカムバック」と報じている。

ミシガン大学1年生アンカーの驚異の走りが話題を呼んでいる(画像は「ミシガン大学体育会」インスタグラムより)
ミシガン大学1年生アンカーの驚異の走りが話題を呼んでいる(画像は「ミシガン大学体育会」インスタグラムより)

ミシガン大学の1年生が4×400mリレーで驚異の走り披露

 米大学陸上の大会で生まれた衝撃の“差し切り”が話題を呼んでいる。女子4×400メートルリレーで、ミシガン大学の1年生アンカーが先頭と25メートル以上あった差をごぼう抜き。最終的に1位でゴールした。驚異の走りを地元紙も「輝かしいカムバック」と報じている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 最後まで何が起こるか分からない。現地16日にミシガン大学で行われた、陸上の大会「シモンズ・ハービー・インビテーショナル」でドラマが生まれた。舞台は女子4×400メートルリレーだ。3校で行われたレース、大きく離された3番手でバトンを受けたミシガン大学1年生のアンカー、ザイヤ・ホルマン。首位の選手とは25メートル以上の差をつけられている。逆転は不可能な差なのか……。

 だが、ホルマンの走りは異次元だった。200メートルトラックで一気に加速すると、1周目に2位の選手を抜き去った。スピードが落ちない1年生は2周目の最後の直線で首位の選手を捕らえると、力を振り絞って抜き去り、1位でゴール。51秒79を記録し、見事な差し切りを成功させた。

 この快走をミシガン大学の学生新聞「ミシガン・デイリー」も「スポットライトを浴びた、ザイヤ・ホルマンによる輝かしいカムバック」と見出しを打って報道。フェイスブックで45万回、ツイッターで20万回以上再生されていると反響の大きさを伝え、「何が起きたのかよく分かっていない。戦うためにそこにいて、ゴールをした。でも51秒7台で走れるなんて予想していなかった。クレイジーだわ。信じられない」とホルマン自身のコメントも紹介している。

 ホルマンは、同日に行われた600メートルでも1分29秒27を記録し、同大学の1年生記録と会場記録更新した。2019年には20歳以下の女子4×400メートルリレー米国代表の一員として、20歳以下の同競技の世界記録更新に貢献するなどし、頭角を表している。将来有望な1年生には、今後も注目が集まりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集