[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“うたしん”解散に海外も反応 米名物記者は落胆「日本で最も有望…これは残念」

フィギュアスケートのアイスダンスで、全日本ジュニア選手権を2連覇した吉田唄菜(岡山SC)、西山真瑚(早大)組が18日、パートナーシップを解消することを発表した。“うたしん”の愛称で親しまれた2人。米国の名物記者は「日本で最も有望なアイスダンスチームが……残念だ」と落胆している。

西山真瑚と吉田唄菜【写真:Getty Images】
西山真瑚と吉田唄菜【写真:Getty Images】

18日にパートナーシップの解消を発表

 フィギュアスケートのアイスダンスで、全日本ジュニア選手権を2連覇した吉田唄菜(岡山SC)、西山真瑚(早大)組が18日、パートナーシップを解消することを発表した。“うたしん”の愛称で親しまれた2人。米国の名物記者は「日本で最も有望なアイスダンスチームが……残念だ」と落胆している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 2019年に結成したカップルはカナダ・トロントのクリケットクラブが練習拠点で、羽生結弦(ANA)と同門だった。2年連続で日本ジュニア選手権を制覇するなど期待を集めていたが、西山は18日に自身のツイッターを更新。「この度、吉田西山組はアイスダンスのパートナーシップを解消することになりました」などとつづった。

 この悲報にショックを受けていたのは、米名物記者のジャッキー・ウォン氏だった。自身のツイッターに「ログオフ直前に、ヨシダ/ニシヤマ組が解散?!?! 日本で最も有望なジュニアのアイスダンスチームがもう一緒ではない? これは残念だ」と投稿。“うたしん”の伸び代を高く評価していたようで、落胆を書き記していた。

 また米専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは、西山のツイートに反応する形で「日本のジュニアのシンゴ・ニシヤマはウタナ・ヨシダとのパートナーシップを解消したと発表した。解決できない相違点があることが理由である。素晴らしいチームだっただけに、残念だ」と投稿している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集