[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェン、貫禄322.28点で全米V5 バトン以来の偉業に海外「ミスはあったが無敵だった」

フィギュアスケートの全米選手権は17日(日本時間18日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だったネイサン・チェンが208.36点をマーク。合計322.28点を記録し、大会5連覇を達成した。フリーでは4回転ジャンプを5本中4本成功。五輪連覇の伝説的名手ディック・バトン以来、71年ぶりのV5に海外メディアは「ミスがあったものの、無敵だった」などと評価している。

全米選手権5連覇を達成したネイサン・チェン【写真:AP】
全米選手権5連覇を達成したネイサン・チェン【写真:AP】

4回転ジャンプを5本中4本成功、五輪連覇の伝説バトン以来の5連覇達成

 フィギュアスケートの全米選手権は17日(日本時間18日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だったネイサン・チェンが208.36点をマーク。合計322.28点を記録し、大会5連覇を達成した。フリーでは4回転ジャンプを5本中4本成功。五輪連覇の伝説的名手ディック・バトン以来、71年ぶりのV5に海外メディアは「ミスがあったものの、無敵だった」などと評価している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 歴史的快挙だ。黒い衣装でフリーに臨んだチェン。冒頭の4回転ルッツでは着氷で手をつくが、その後は4回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプ、4回転サルコーなどを次々と成功。計4本の4回転ジャンプを決め、貫禄の300点超えを果たした。

 チェンはこの優勝でバトン以来、71年ぶりの5連覇を達成。バトンと言えば、羽生結弦が平昌五輪で66年ぶりに達成した五輪連覇を最後に記録していたレジェンド。1952年まで7連覇した往年の名手以来となる記録となった。

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は、「ネイサン・チェンが5度目の米国選手権制覇」との見出しで記事を掲載。「チェンは日曜のフリーで綺麗な4回転を決め、5年連続で全米選手権を制覇した。五輪で2度優勝したディック・バトン以来の5年連続優勝した米国人になった」と偉業を報道している。

 またAP通信は「フリー冒頭でミスがあったものの、ネイサン・チェンは無敵だった。全米選手権で5連覇を成し遂げた」「彼はしなやかな振り付けとスピンで322.28点を記録。彼に並ぶ者はどこにもいなかった」と称賛している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集