[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デッドリフト501kg超怪力俳優がBOXデビュー 相手プロ選手も驚き「一撃は衝撃だった」

デッドリフト501キロの世界記録を持ち、「世界最強の男」コンテストで優勝したこともある俳優のハフソー・ビョルンソンがボクシングの“デビュー”を飾った。16日にエキシビションマッチで現役プロボクサーのスティーブ・ウォード(英国)と対戦。3分3ラウンドで採点はなく、勝敗は決しなかったが、ボクシング挑戦のために200キロ超あった体重を40キロ以上絞り臨んだ怪力男について、相手選手は「彼の一撃は本当に衝撃的だった」と驚いている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】
ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】

「世界最強の男」ビョルンソンがエキシビションマッチに登場

 デッドリフト501キロの世界記録を持ち、「世界最強の男」コンテストで優勝したこともある俳優のハフソー・ビョルンソンがボクシングの“デビュー”を飾った。16日にエキシビションマッチで現役プロボクサーのスティーブ・ウォード(英国)と対戦。3分3ラウンドで採点はなく、勝敗は決しなかったが、ボクシング挑戦のために200キロ超あった体重を40キロ以上絞り臨んだ怪力男について、相手選手は「彼の一撃は本当に衝撃的だった」と驚いている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 試合に向けて40キロ以上絞り、計量で156.2キロだったビョルンソン。青のパンツを着用した巨漢はサウスポースタイルで挑み、荒っぽさは見せながらも時折鋭いパンチを繰り出し、プロキャリア14戦を誇る現役選手のウォードの腰を引かせた。3分3ラウンドで判定なし、勝敗はつかなかったものの、かつての「世界最強の男」は堂々たるリングデビューを飾った。

 記事では「2回にビョルンソンはワードに強打を放ち、試合を終わらそうとした。最終ラウンドの3回にワードは復活して、反撃した」と試合展開をレポート。その上で、ビョルンソンは「気分が良い。ワードのおかげだ。彼はナイスガイだ。彼とエキシビションで戦えたことは俺にとって大きな意味がある」と充実感を滲ませ、体格差が50キロ以上ありながらリングに上がった相手を称えたという。

 デッドリフト前世界記録(500キロ)保持者で、同じく「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つエディー・ホール(英国)とのボクシングマッチが9月に予定されるビョルンソン。「ウォードはエディー・ホールと同じ身長なので、良い経験になった。早く家に戻って、トレーニングをしてもっと強くなりたい。俺はこの生活を6か月間してきた。この競技とアスリートに大きなリスペクトを抱いている」とイメージを膨らませたという。

 さらに「今回の試合では、俺はどれくらいの技術を持っているのか確認したかった。次はスピードとその他諸々のことに集中したい、人生最高の体になる。9月にあいつをKOしてやる!」と語り、一方のウォードも「ハフソーは素晴らしかった。あのサイズであんなに動ける男を見たことがない。少し不注意になったときの彼の一撃は本当に衝撃的だった」と脱帽したという。

 試合後にはウォードとの2ショット写真をインスタグラムに掲載したビョルンソン。ボクサーとして能力の片鱗を示し、ホールとの「世界最強の男」同士によるボクシングマッチがさらに楽しみになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集