[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

左アッパー一撃で大逆転 露ヘビー級41歳を「年間最高KO」に選出「輝かしい残酷なKO」

米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が2020年の「年間最高KO」を発表。41歳のベテランファイター、アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)がディリアン・ホワイト(英国)を相手に演じた大逆転KOを選出している。

アレクサンデル・ポベトキン【写真:Getty Images】
アレクサンデル・ポベトキン【写真:Getty Images】

米メディアが昨年8月のWBC世界ヘビー級暫定王者決定戦を選出

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が2020年の「年間最高KO」を発表。41歳のベテランファイター、アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)がディリアン・ホワイト(英国)を相手に演じた大逆転KOを選出している。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 まさに最重量級というべき、ド派手な決着だった。昨年8月、ホワイトとのWBC世界ヘビー級暫定王者決定戦。5回開始直後にポベトキンの左が火を噴いた。ホワイトのパンチをかわし、ガードが甘くなった一瞬を見逃さない。視界の外から拳を振り上げる。強烈な左アッパーが綺麗に顎を捉えると、ホワイトはそのまま仰向けに倒れ込んだ。主審はすぐさま試合をストップ。圧巻の一撃KO決着となった。

 ポベトキンは4回に2度のダウンを喫していたが、左一発で試合をひっくり返した。41歳が演じた鮮烈KOを同メディアは高く評価。年間最高KOとして認定した。

「ボクシングシーン.comは2020年の年間最高KOにアレクサンデル・ポベトキン対ディリアン・ホワイト戦を選出」と題した記事では、試合を回想している。

「アレクサンデル・ポベトキンは2度ダウンし、ボロボロの状態だった。しかし、突然ポベトキンは邪悪なアッパーカットで相手をKOさせた」と描写。さらに「ポベトキンの輝かしい残酷なKOで、ホワイトの連勝を11で止めた。そしてホワイトをWBCヘビー級王者のタイソン・フューリーとの対戦候補から外した」と取り巻く状況について説明を加えている。

 ヘビー級のトップ戦線に再び返り咲いたポベトキン。両者は再戦が決まっているが、ポベトキンの新型コロナ感染により、日程がずれこんでいる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集