[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“デ・ラ・ホーヤ2世”が悶絶ボディーKO 別アングル映像に米興奮「破壊的な左フック」

ボクシングのWBC世界ライト級暫定王座決定戦が2日(日本時間3日)、米カリフォルニア州で行われ、注目のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米国)がルーク・キャンベル(英国)に7回KO勝ち。デビューからの連勝を21(18KO)に伸ばした。キャンベルを悶絶させたボディーショットに戦慄が走っていたが、米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」がリングサイドからの“別アングル映像”を公開。「破壊的な左フックだ」「ただただ素晴らしい」などと称賛が広がっている。

キャンベルにKO勝利したガルシア(左)【写真:Getty Images】
キャンベルにKO勝利したガルシア(左)【写真:Getty Images】

22歳ガルシアが難敵キャンベル撃破、リングサイドからの映像に「完璧なパンチだ」

 ボクシングのWBC世界ライト級暫定王座決定戦が2日(日本時間3日)、米カリフォルニア州で行われ、注目のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米国)がルーク・キャンベル(英国)に7回KO勝ち。デビューからの連勝を21(18KO)に伸ばした。キャンベルを悶絶させたボディーショットに戦慄が走っていたが、米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」がリングサイドからの“別アングル映像”を公開。「破壊的な左フックだ」「ただただ素晴らしい」などと称賛が広がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 オスカー・デ・ラ・ホーヤ率いる、ゴールデンボーイプロモーションの秘蔵っ子が真価を発揮した。22歳ガルシアが難敵キャンベルを仕留めたのは7ラウンドだ。1分半過ぎ、リング中央で対峙した2人。そしてガルシアは一撃で決めた。踏み込んでモーションに入ったガルシア。キャンベルはガードを上げたが、狙いはボディーだった。鋭い一撃を右わき腹に突き刺すと、英国のファイターはこらえきれなかった。

 膝をついてダウン。そして両手をキャンバスについて苦しがった。体を起こすことができない。10カウントが響くと、その瞬間ガルシアは飛び上がってガッツポーズ。新星が強烈なインパクトを残した。

 DAZNボクシングは公式ツイッターで「リングサイドの角度からライアン・ガルシアのKO」と注目を寄せると、米ファンからは「凄いな」「ただただ素晴らしい」「完璧な場所へのパンチだ!」「残酷だ」「破壊的な左フックだ。数日間痛むだろうね」「ライアンは強烈なのをお見舞いしたな!!」「ルークは立ち上がろうとしたけど、彼のレバーがだめだと言ったんだな」などと拍手が送られている。

 同門のカネロことサウル・アルバレスも素質を高く評価する、“ゴールデンボーイ2世”が、同級正規王者デビン・ヘイニーとの統一戦に大きく前進した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集