[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥5位、ネリ40位、カシメロは…米メディアが「2020年限定PFP50傑」を独自発表

ボクシングの米専門メディア「ワールドボクシングニュース」は、1日に“2020年限定PFP”を発表した。各メディアが独自に選定する全階級のボクサーを格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」。今回は昨年の試合だけが評価対象となり、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5位にランク入りした。同メディアは50位までの全順位一覧を掲載している。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

米専門メデイア「ワールドボクシングニュース」が独自選定

 ボクシングの米専門メディア「ワールドボクシングニュース」は、1日に“2020年限定PFP”を発表した。各メディアが独自に選定する全階級のボクサーを格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」。今回は昨年の試合だけが評価対象となり、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5位にランク入りした。同メディアは50位までの全順位一覧を掲載している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 同メディアは年明け早々の1日に独自ランクを発表した。世界的に最も浸透している米専門誌「ザ・リング」のPFPでは2位の井上。昨年はジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回KO勝ちした。各選手がコロナ禍で試合が少なくなった中、同メディアの“2020年限定PFP”で5位に名を連ねている。

 1位はカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)。「カネロは間違いなく地球上の最高のPFPファイターだ」と紹介されている。2位はWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)。3位にはWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)が入った。

 4位は、10月にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との世界4団体ライト級王座統一戦を制したテオフィモ・ロペス(米国)。井上を挟み、6位はWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)となったが、2019年7月以降は試合をしていない6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が7位に名を連ねている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集