[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔&村元哉中に届く称賛 負傷抱えた2位奮闘に海外識者「彼らは戦い抜いた」

フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットでアイスダンスのフリーダンスが行われ、リズムダンス2位で迎えた村元哉中、高橋大輔組(ともに関大KFSC)は、84.03点、計151.86点で2位に入った。計175.23点で3連覇した小松原美里、小松原尊組(ともに倉敷FSC)には及ばなかったものの、海外識者は「なんて素晴らしい挑戦なんだ」「彼らは戦い抜いた」と称賛している。

高橋大輔と村元哉中(撮影は先月のNHK杯)【写真:Getty Images】
高橋大輔と村元哉中(撮影は先月のNHK杯)【写真:Getty Images】

初の全日本選手権で2位、村元は左膝負傷も奮闘

 フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットでアイスダンスのフリーダンスが行われ、リズムダンス2位で迎えた村元哉中、高橋大輔組(ともに関大KFSC)は、84.03点、計151.86点で2位に入った。計175.23点で3連覇した小松原美里、小松原尊組(ともに倉敷FSC)には及ばなかったものの、海外識者は「なんて素晴らしい挑戦なんだ」「彼らは戦い抜いた」と称賛している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 アクシデントの中でも奮闘した。26日の公式練習で2人が転倒し、村元が左膝を痛めていた。それでも、「ラ・バヤデール」を懸命に演技。高橋がリフトでバランスを崩すシーンなどミスも見られたが、なんとか演じ切った。デビュー戦となった11月末のNHK杯は3位。2戦目の今大会は2位となった。

 2人の演技に称賛を送ったのは、米国の人気コメンテーター、ニック・マクカーベル氏だ。ツイッターを更新し「私はその姿に慣れようとしているところだが、エリートなアスリートの姿を見られることに驚くばかりだ。五輪のメダリストなのだから! なんて素晴らしい挑戦なんだ」と投稿。カップルとして走り出したばかりの2人を目の当たりにし、演技に注目しているようだ。

 さらに村元の怪我にも着目。「ムラモトにアクシデントがあり、フリーではタカハシにミスが見られた」と指摘しつつ、「しかし、彼らは戦い抜き、良いパフォーマンスを見せた。彼らの目標はNHK杯以上の滑りを見せることだったが、それができていたと思う」と成長を感じ取ったようだ。初の全日本選手権を終えたカップル。今後の飛躍にも注目が集まりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集