[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英ヘビー級でド迫力KO ガード意味なしのワンツーフックに海外驚愕「なんという一撃」

ボクシングのヘビー級マッチでド派手なKOが生まれた。現地時間21日にイングランド・ヘビー級王者ファビオ・ウォードリー(英国)がリチャード・ラーティー(ガーナ)に2回TKO勝ち。デビューからの連勝を10に伸ばしたが、最後は豪快なワンツーフックで相手をマットに沈めるシーンを海外メディアが動画付きで公開。海外ファンからは「なんという一撃」「クレイジー」などと驚きの声が上がっている。

ファビオ・ウォードリー【写真:Getty Images】
ファビオ・ウォードリー【写真:Getty Images】

2回TKOで10連勝、豪快な右フックに海外ファンから続々反響

 ボクシングのヘビー級マッチでド派手なKOが生まれた。現地時間21日にイングランド・ヘビー級王者ファビオ・ウォードリー(英国)がリチャード・ラーティー(ガーナ)に2回TKO勝ち。デビューからの連勝を10に伸ばしたが、最後は豪快なワンツーフックで相手をマットに沈めるシーンを海外メディアが動画付きで公開。海外ファンからは「なんという一撃」「クレイジー」などと驚きの声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 英・ロンドンの聖地ウェンブリー・アリーナが騒然となった。2回、白青トランクスのウォードリーはじわじわと距離を詰め、ジャブでプレッシャーをかける。両手でガードを固める相手に対して、繰り出したのは重そうな左右のフックだ。左から返す刀で右。もろに顔面に被弾したラーティーはキャンバスに崩れ落ち、立ち上がれそうにない。

 10カウントを聞くことなく、レフェリーは試合をストップ。ラーティーの呆然とした表情が印象的だ。米スポーツチャンネル「DAZN」のボクシング専門ツイッターアカウントは「ファビオ・ウォードリーによるKO」と記して動画付きで公開。これに海外ファンからは「支配者だ」「クレイジー」「オーマイガー」「凄い!」「崩れ落ちたな」「パンチ音が鳴り響いた」「なんという一撃」などと驚愕の声が寄せられている。

 25歳のウォードリーはこれでデビューからの連勝を10(うち9KO)に伸ばした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集