[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコが怒り 一触即発のフェイスオフに米興奮「これほど怒らせた人はいない」

ボクシングの世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者テオフィモ・ロペス(米国)は、17日(日本時間18日)に米ラスベガスで4団体のベルトをかけて激突する。16日(同17日)の前日計量は両者パスしたが、フェイスオフで一触即発の事態に。怒りを見せた様子のロマチェンコの動画を米興行大手・トップランク社が公開すると、米ファンから「これほど怒らせた選手を知らない」「ロマ不満溜まってそうだ」と反響が集まっている。

ワシル・ロマチェンコ【写真:AP】
ワシル・ロマチェンコ【写真:AP】

ロマチェンコVSロペス、前日計量から火花

 ボクシングの世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者テオフィモ・ロペス(米国)は、17日(日本時間18日)に米ラスベガスで4団体のベルトをかけて激突する。16日(同17日)の前日計量は両者パスしたが、フェイスオフで一触即発の事態に。怒りを見せた様子のロマチェンコの動画を米興行大手・トップランク社が公開すると、米ファンから「これほど怒らせた選手を知らない」「ロマ不満溜まってそうだ」と反響が集まっている。

【特集】「百聞は一投にしかず」リオ銀メダリストが魅せられた6球から広がる可能性 / ボッチャ・杉村英孝選手インタビュー(GROWINGへ)

 今年最大級のビッグマッチは早くも火花が散った。両者リミットの61.2キロでパスした直後のフェイスオフ。ロマチェンコがロペスと顔を近づけた。勢いづいた体を関係者が制止に入る。鼻先がくっつきそうな距離だ。止めようとする関係者の腕に少し抵抗するロマチェンコ。すると、今度はロペスがその腕をどけろと言わんばかりに何か言葉を発している。

 約30秒のにらみ合い。最後はロマチェンコが頷きながら笑みを浮かべた。これまでの計量は、コロナ禍で数メートルの距離をとり、両選手がマスクをつけるのが恒例。しかし、お構いなしにバチバチの戦闘モードだ。動画を公開したトップランク社の公式インスタグラムは「これ以外何を期待していた?」と投稿。米ファンからコメントが多く寄せられている。

「ロマは駆け引きに乗らない」
「ロマは準備万端だな」
「ロマをこれほど怒らせたボクサーは見たことない。怒ったロマは彼に圧勝するだろね」
「ロマはこいつのバカ話にうんざりしてる。十分なんだよ」
「精神的にはロマがすでに勝ってる」
「ロマ不満溜まってそうだ」
「ロマがこいつを狩るだろう」

 いつも冷静なロマチェンコの息巻くシーン。本気か、パフォーマンスか。ビッグマッチが熱を帯びている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集