[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコに通用する!? ロペスの“衝撃KO3連発”に海外冷静「ロマには程遠い」

ボクシングの世界ライト級3団体王者、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者のテオフィモ・ロペス(米国)は、10月17日(日本時間18日)に米ラスベガスで4団体のベルトをかけて激突する。実績で上回るロマチェンコ有利の見立てが多い中で、ロペスが自慢の強打をどこまで当てられるかが焦点の1つだが、米メディアは過去のロペスの“豪快KO3連発”を動画付きで公開。そのハードパンチに改めて脚光を浴びせている。

テオフィモ・ロペス【写真:AP】
テオフィモ・ロペス【写真:AP】

決戦まであと2日、ロペスの強打に米メディア注目

 ボクシングの世界ライト級3団体王者、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者のテオフィモ・ロペス(米国)は、10月17日(日本時間18日)に米ラスベガスで4団体のベルトをかけて激突する。実績で上回るロマチェンコ有利の見立てが多い中で、ロペスが自慢の強打をどこまで当てられるかが焦点の1つだが、米メディアは過去のロペスの“豪快KO3連発”を動画付きで公開。そのハードパンチに改めて脚光を浴びせている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 デビューからKOの山を築いてきたロペス。中でも強烈だったのは2018年12月のメイソン・メナード戦だ。試合開始わずか40秒。距離を詰めたロペスは右のオーバーハンドを顔面にクリーンヒットさせた。一発で意識を刈り取られたメナードは硬直したまま、前のめりにダウン。レフェリーはすぐに試合を止めた。

 この一戦で鮮烈な印象を残したロペスは続くディエゴ・マグダレノ戦でも左フックを立て続けに当てて相手を大の字にさせると、昨年末のIBF王座を奪った試合でもリチャード・コミーに完璧なカウンターをクリーンヒットさせ豪快に倒し切った。

 さぁ果たしてこの強打が“精密機械”ロマチェンコに通用するのか。米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」は公式インスタグラムにこの3試合の映像を投稿。そして「テオフィモ・ロペスは土曜日の夜、ロマチェンコを自身のハイライト映像に加えるか?」とフォロワーに呼びかけている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集