[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥には隙がある マロニーがドネア戦に見た“弱点”とは「自分には計画がある」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェイソン・マロニー(オーストラリア)。31日(日本時間11月1日)のタイトルマッチ(米ラスベガス)へ向けて「彼の鎧には隙間がある」と断言。モンスターに付け入る隙があると強気を示している。米メディア「スポルティグニュース」豪州版が報じている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

ドネア戦で感じた井上の隙はディフェンス

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェイソン・マロニー(オーストラリア)。31日(日本時間11月1日)のタイトルマッチ(米ラスベガス)へ向けて「彼の鎧には隙間がある」と断言。モンスターに付け入る隙があると強気を示している。米メディア「スポルティグニュース」豪州版が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 マロニーは昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア対井上戦をチェック。下馬評で圧倒的不利だった元5階級王者の躍動に自信を深めた様子だ。

「彼の鎧には隙間が存在すると思う。どのファイターの鎧にも隙間があると思う。みんな(ドネア戦の)結果に驚いたと思う。なぜなら、誰もがイノウエは銃弾も防御するほどの男で、被弾やダメージを与えることなどできないと考えていた。ドネアはそれが間違えだと証明したんだ」

 マロニー自身は1回戦負けを喫したバンタム級の頂上決戦で、ドネアが意地を見せた。2回に自慢の左フックを直撃させ、井上はキャリア初の大流血。鼻骨と眼窩底も骨折するほどのダメージを与えていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集