[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ“古巣復帰”の必然性 リモート指導の限界を露指摘「良くないと理解できる」

フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、同五輪後に師弟関係を解消したエテリ・トゥトベリーゼ氏の指導を再び受けることになったとロシアスケート連盟のホームページで16日に発表された。ロシアメディアは、メドベージェワの選択の必然性を指摘。リモート指導の限界に注目するとともに、「トゥトベリーゼ氏を除いて誰が教えることができるだろうか?」などと記載している。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

練習本拠のカナダに戻れず、オーサー氏からはリモート指導を受けていた

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、同五輪後に師弟関係を解消したエテリ・トゥトベリーゼ氏の指導を再び受けることになったとロシアスケート連盟のホームページで16日に発表された。ロシアメディアは、メドベージェワの選択の必然性を指摘。リモート指導の限界に注目するとともに、「トゥトベリーゼ氏を除いて誰が教えることができるだろうか?」などと記載している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 メドベージェワの“古巣復帰”に注目したのは、ロシアメディア「sportsdaily.ru」だった。記事で「ロシアのフィギュアスケート界で衝撃的なニュースが飛び込んできた――エフゲニア・メドベージェワがエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとへ戻ることになった」と伝えている。

 同メディアはメドベージェワのこれまでについて「新型コロナウイルスの世界的大流行によってメドベージェワは(練習拠点の)カナダに戻れなくなっている。彼女は結果的に延期となったアイスショーのためにカナダから日本に向かい、そこからロシアにやって来た」と伝えていた。

 五輪連覇王者の羽生結弦らを指導するブライアン・オーサー氏から直接教えを乞うことはできず、スマートフォンでリモート指導を受けるしかなかったと伝えられているメドベージェワ。記事では「モスクワでショートプログラム(SP)に関してジェーニャを助けたのはタチアナ・タラソワ氏だった」と重鎮の手を借りながらも練習に励んでいたと記されている。

 今月12、13日に行われたロシア勢恒例の「テスト滑走会」で、メドベージェワは思ったような演技ができなかったようだ。記事には「演技は最も悪いうちのひとつだった」と記載。SPのジャンプは複数回、回転不足と判定され、フリーも「そのレベルはより高いものではなかった」と伝えられている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集