[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみと決勝へ 元世界1位アザレンカが最大警戒「彼女はパワフルで素晴らしい」

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク27位ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が同8位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に1-6、6-3、6-3で逆転勝ちを収めた。12日(同13日)の決勝では、2年ぶり大会2勝目を狙う同9位・大坂なおみ(日清食品)と激突する。

セリーナ・ウィリアムズに勝利したビクトリア・アザレンカ【写真:AP】
セリーナ・ウィリアムズに勝利したビクトリア・アザレンカ【写真:AP】

アザレンカがセリーナとの激闘制す

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク27位ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が同8位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に1-6、6-3、6-3で逆転勝ちを収めた。12日(同13日)の決勝では、2年ぶり大会2勝目を狙う同9位・大坂なおみ(日清食品)と激突する。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 アザレンカは過去4勝18敗と大きく負け越すセリーナに圧倒され、第1セットを失った。しかし、第2セットから左右に揺さぶるなど粘りを見せて取り返した。ショットを打つごとに雄叫びを上げるセリーナは、第3セットに左足首付近を痛めるなど苦戦。いら立ちを見せる相手に対し、アザレンカは冷静なプレーでフルセットの試合を制した。

 この試合の前には、大坂が同41位ジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めていた。

 4大大会通算2勝で22歳の大坂は、同2勝で31歳のアザレンカと過去2勝1敗。ベラルーシ人初の世界ランク1位にも輝いたアザレンカはシングルスで12、13年全豪オープン連覇。全米オープンは12、13年に決勝に進んだが、優勝はない。3度目の決勝で大坂と対戦となる。

 試合後はオンコートインタビューに臨み「(決勝は)7年ぶりですか。大好きな番号です。こうなるべきだったのね。この機会にとても感謝している。素晴らしい準決勝ができて嬉しい。彼女(セリーナ)はベストプレーヤー。(メジャーでセリーナに初勝利だが)次は勝つと思っていた。試合は最後まで何が起こるかわからない」と振り返った。

 出産を経てコートに復帰した31歳。「女性が自分の夢を追い続けることができる励みになれば。人生にはいろんなことができる。私は母親と同時にテニス選手。全世界のお母さん、やれることを頑張ればできると信じてください」とアピールした。さらに決勝の大坂について「彼女とプレーするのは先週実現しなかったので待ち遠しい。彼女はパワフルで素晴らしいラリーができる。楽しんでプレーしたい」とコメントした。

 前週のウエスタン&サザン・オープンは決勝で対戦予定だったが、大坂が負傷で棄権していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集