[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子最短7秒KOは「子羊とライオンの戦い」と解説者 物議のミスマッチに英紙も注目

ボクシングのWBCシルバーの女子ライトフライ級8回戦(米カリフォルニア)でセニエサ・エストラーダ(米国)がミランダ・アドキンス(米国)に衝撃の7秒KO勝ちを収め、女子史上最短KOが誕生した。歴史的決着の瞬間を海外メディアが続々と動画付きで公開。実力差のあるマッチメークに対して米国のみならずロシアメディアにも波紋が広がっていたが、英紙も「必要なのは7秒の時間と7発のパンチだけだった」と報じている。

セニエサ・エストラーダ【写真:Getty Images】
セニエサ・エストラーダ【写真:Getty Images】

42歳選手が失神KO負け、海外メディア「敗者が破壊されなくて良かった」

 ボクシングのWBCシルバーの女子ライトフライ級8回戦(米カリフォルニア)でセニエサ・エストラーダ(米国)がミランダ・アドキンス(米国)に衝撃の7秒KO勝ちを収め、女子史上最短KOが誕生した。歴史的決着の瞬間を海外メディアが続々と動画付きで公開。実力差のあるマッチメークに対して米国のみならずロシアメディアにも波紋が広がっていたが、英紙も「必要なのは7秒の時間と7発のパンチだけだった」と報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ゴングが鳴り、前に出たエストラーダ。アドキンスのガードの上から強烈なコンビネーションで3発打ち込んだ。最後の左フックが顔面を捉えて足元をぐらつかせると、すかさず連打。左ボディーでガードを下げさせ、顔面にラッシュをかました。そのまま仰向けに卒倒したアドキンス。目が開かず、失神している様子だった。

 試合時間わずか7秒という衝撃の決着。海外メディアは動画付きで報じたが、実力差のあるマッチメークに波紋が広がっていた。米スポーツ専門局「ESPN」のダン・ラファエル記者は自身のツイッターに「文字通りの酷さだった」と投稿すると、「DAZNニュース」のアンドレアス・ヘイル記者も「これは公平な試合ではない」とツイート。ロシア放送局「ロシアトゥデー」は「絶望的なミスマッチ」と報じていた。

 さらに英紙「テレグラフ」も「必要だったのは7秒の時間と7発のパンチだけだったのである」と報道。試合を配信したDAZNの解説者のコメントについて「まるで子羊対ライオンの戦いでした。これは女子ボクシング史上最速のKO劇です」と紹介している。また、米専門誌「リング」のライアン・ソンガリア記者についても「彼の目の前で起きたことを信じられず、もはやアドキンスが破壊されなかったことを良かったと思っている」と説明。同記者はツイッターにこうつづっているという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集