[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“救援”前田健太の71球 6試合連続0封…「完全神話」崩れても、その成績がスゴイ

米第リーグのワールドシリーズ第2戦は25日(日本時間26日)、本拠地のドジャースが延長11回の末にアストロズに6-7で敗れ、対戦成績を1勝1敗とした。前田健太投手は1点ビハインドから日本人5人目のワールドシリーズ登板を果たし、1回1/3を1安打でポストシーズン6試合連続無失点。打者19人目にして初の走者を安打で出したが、プレーオフの大舞台で計71球を投じた成績がスゴイことになっている。

ワールドシリーズ初登板、PS打者19人目で初安打許すもまた0封…圧巻の右キラーぶり

 米第リーグのワールドシリーズ第2戦は25日(日本時間26日)、本拠地のドジャースが延長11回の末にアストロズに6-7で敗れ、対戦成績を1勝1敗とした。前田健太投手は1点ビハインドから日本人5人目のワールドシリーズ登板を果たし、1回1/3を1安打でポストシーズン6試合連続無失点。打者19人目にして初の走者を安打で出したが、プレーオフの大舞台で計71球を投じた成績がスゴイことになっている。

 リリーバー前田の勢いは止まらなかった。0-1の5回から2番手で登板。右打者が1~5番まで続くアストロズ打線に対し、右キラーとして起用されると、スプリンガーを中飛、ブレグマンを左直、プレーオフ絶好調のアルトゥーベを右邪飛に抑え、あっさりと3者凡退に仕留めた。

 続く6回は先頭の4番コレアに左前打を運ばれた。これがポストシーズン、打者19人目にして初めて許した走者。完全投球は18人連続で途切れたが、直後の下DeNAグリエルを捕邪飛に斬ったところでお役御免となった。直後に同点弾を呼び、一時は逆転に成功した。前田の力投から流れが変わったと言ってもいいだろう。

 これでポストシーズン6試合連続無失点。その成績が圧巻だ。

【地区シリーズ・Dバックス戦(※は左打者)】

★第2戦 3-2の5回1死から3番手(勝ち投手)
2番ポラック 空三振
3番ゴールドシュミット 遊ゴロ
4番マルティネス 空三振

1回 球数9 打者3 被安打0 奪三振2 失点0

★第3戦 3-1の8回から4番手
6番ポラック 空三振
7番デスカルソ 三ゴロ ※
8番アイアネッタ 空三振

1回 球数12 打者3 被安打0 奪三振2 失点0

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集