[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】C.ロナウド、地上238cmの“超滞空バイシクル弾”に世界が衝撃「完全なる芸術作品」

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが完全に再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は、18年に海外サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で当時レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが演じた跳び過ぎのバイシクル弾だ。

18年、レアル・マドリード在籍時のクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
18年、レアル・マドリード在籍時のクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―18年欧州CLで生まれた衝撃弾

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが完全に再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は、18年に海外サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で当時レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが演じた跳び過ぎのバイシクル弾だ。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 この一撃で世界に衝撃が走った。決勝トーナメント準々決勝第1戦のユベントス戦。当時、レアルに所属していたロナウドが欧州CL史に刻まれるゴールを決めた。1-0で迎えた後半19分だった。

 右サイドからエリア内に侵入したDFダニエル・カルバハルは右足でふわりとした浮き球を中央に送った。これに反応したのがロナウドだ。落下地点はゴール前に位置していた背番号7より後方だった。すかさず戻りながらボールを受ける。しかし、ゴールに背中を向けた状態。いったん、トラップか──。そう思った瞬間、世界最高ストライカーは信じられない動きを見せた。

 右足で踏み切ると、空中で反動をつけ、そのままオーバーヘッドを放ったのだ。強烈なシュートはゴール右隅へ。予期せぬ体勢から放たれたシュートにGKも一歩も動けない。ゴールネットが豪快に揺れた。一気に熱狂に沸くスタジアム。相手ディフェンス陣が呆然と立ち尽くすなか、ロナウドは立ち上がると、両手を広げて駆け出し、悠然と己のスーパーゴールを誇示した。

 この超絶ゴールは海外メディアに拡散され、海外ファンはSNS上で「滞空時間が人間のレベルにない」「間違いなく、サッカー界の主人公」「開いた口が塞がらない…」と騒然。海外メディアも「常軌を逸する異常なゴール」「衝撃的すぎるオーバーヘッド」などと各国で報道された。

 また、スペインメディアはボールを蹴った位置が驚異の地上238センチだったと紹介し、米メディアはボールのインパクトの決定的瞬間を捉えた1枚の画像を紹介し、「完全なる芸術作品」と称賛。動画でも静止画でも驚きの一撃は、欧州サッカー連盟(UEFA)による「2017-18シーズン年間ベストゴール」にも選ばれた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集