[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、奇跡の“1球三重殺”に甦る米笑撃「史上最も痛い159キロ速球」

米大リーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開幕が延期。日本人選手も活躍の舞台から遠のいているが、米メディアはカブス・ダルビッシュ有投手が1年前に投じた、奇跡の“1球三重殺”をクローズアップし、米ファンに「笑ってしまう……」「三重殺だ」「こりゃ痛い」と笑撃が甦っている。

カブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

豪速球が打者→球審→捕手に直撃する珍事から1年、米ファン「笑ってしまう」

 米大リーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開幕が延期。日本人選手も活躍の舞台から遠のいているが、米メディアはカブス・ダルビッシュ有投手が1年前に投じた、奇跡の“1球三重殺”をクローズアップし、米ファンに「笑ってしまう……」「三重殺だ」「こりゃ痛い」と笑撃が甦っている。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

 あの日、1球でファンの度肝を抜いた。2019年4月15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦に登板したダルビッシュ。6回2死で対峙した右打者ブリンソンの場面で“事件”は起きた。内角に投じた99マイル(約159キロ)の速球が踏み込んできた打者の右太もも付近に直撃。死球となったが、ここからが凄かった。

 軌道が変わったボールを捕手が掴むことができず、そのまま球審の首を直撃。そして、さらに跳ね返って捕手のコントレラスの背中にも当たったのだ。1球で3人を直撃するまさかの展開となった。一瞬にして、ホームベース付近に全員が痛がる事態となり、スタジアムにどよめきが沸き起こった。

 当時、複数の米メディアが紹介し、バズ状態となったが、カブス専門メディア「ブリーチャーネーション」公式ツイッターはこの日、「1年前の今日、ユウ・ダルビッシュが今までで最も痛みの伴う99マイルの速球を投げた」とつづり、改めて動画を公開。目の当たりにした米ファンも驚きの声を上げている。

「当たったところ大丈夫かな?」「ボウリングならストライク」「笑ってしまう……」「三重殺だ」「こりゃ痛い」「誰かピンボールの音が聞こえた?」と痛さを思いやりつつも、笑いを堪え切れないファンが続出。ダルビッシュ本人もリツイートしており、野球ロスのファンと1年前に起きた珍事を共有していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集