[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】台風の日本戦開催に感銘、英記者が感動コラム「日本のおもてなしは想像の先にあった」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は日本が史上初の8強入りを決めた10月13日のスコットランド戦後、英紙記者がつづった感動コラムを再度紹介。台風19号の接近で開催が危ぶまれながら、被災者に多くの勇気と元気を与えた一戦に感銘を受けた同記者は、「日本人の『おもてなし』は皆の想像より、さらに数段階先にあった」とつづった。

ラグビー日本代表【写真:石倉愛子】
ラグビー日本代表【写真:石倉愛子】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は日本が史上初の8強入りを決めた10月13日のスコットランド戦後、英紙記者がつづった感動コラムを再度紹介。台風19号の接近で開催が危ぶまれながら、被災者に多くの勇気と元気を与えた一戦に感銘を受けた同記者は、「日本人の『おもてなし』は皆の想像より、さらに数段階先にあった」とつづった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 横浜で行われたA組最終戦は日本が28-21で勝利。8強入りの快挙は日本のみならず、大きな感動を与えていた。英紙「ガーディアン」で「台風被害にもかかわらず、日本が世界に彼らの反骨精神を示す」と題したコラムを掲載したのはアンディ・ブル記者だった。試合後、ピッチ上で寝転んだリーチ・マイケル主将、田村優を中心に、笑顔で集合写真に収まる選手たちの印象的な1枚とともに感動コラムを展開している。

 日本戦の試合前に捧げられた黙祷から書き出した記事。試合開始からハーフタイム、試合終了まで、明らかになる台風犠牲者の人数が増えていく、日本にいるからこそわかる経過を克明に記した。会場周辺もまだ水が溢れ、近辺の川崎では多くの人が避難し、相模原では被災者の人数も正確に把握できていない。そんな甚大な被害を受けながら大会関係者が会場に泊まり込み、関係各所との協力により、開催にこぎつけた尽力についてレポート。さらに、こうも記している。

「気を紛らわせるため、日常を取り戻すため、(台風への)挑戦、もしくは我々は生きていて、今あるものを楽しむのだ、という決意を示したのかもしれない」

 そんな姿に感銘を受けたようだ。同記者が考えたのは、今大会日本が示している「おもてなし」の精神についてだった。「日本では、このW杯でどのように『おもてなし(日本流の奉仕)』をすべきか、と誰もが議論していた。正確な訳語は無いが、ここで4週間を過ごした私の不完全な理解によれば、それは客を喜ばせるために全力を尽くすことだった」。このように、解釈について理解していたというブル記者。それは“浅はか”だったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集