[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

45歳ミルコ、必殺の左ハイ健在 顔より高い一撃に海外興奮「まるで弾丸」「殺人級」

K-1、PRIDEで活躍した格闘家のミルコ・クロコップ氏。昨年3月に現役引退を表明していたが、強力な左ハイキックは45歳の今も健在のようだ。トレーニング場でサンドバッグに高い打点の蹴りを連発する様子を、米メディアが動画で公開。かつて格闘技界で恐れられた一撃に対し、「この足は殺人級」「まるで弾丸」などファンからは懐かしむ声が相次いだ。

ミルコ・クロコップ氏【写真:Getty Images】
ミルコ・クロコップ氏【写真:Getty Images】

K-1などで活躍のミルコ・クロコップ氏、練習風景を米メディアが公開

 K-1、PRIDEで活躍した格闘家のミルコ・クロコップ氏。昨年3月に現役引退を表明していたが、強力な左ハイキックは45歳の今も健在のようだ。トレーニング場でサンドバッグに高い打点の蹴りを連発する様子を、米メディアが動画で公開。かつて格闘技界で恐れられた一撃に対し、「この足は殺人級」「まるで弾丸」などファンからは懐かしむ声が相次いだ。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 往年の必殺技は、さび付いてはいない。「日本」の文字と日の丸が壁に描かれたトレーニング場。ミルコはグローブを付けてサンドバッグと向かい合う。繰り出された左ハイキックは、188センチの自身の頭より高い位置をとらえた。「ドーン!」と重たい音が響く。続けざまに計5発のハイキックを見舞った。一度息子と交代して再び戻ると、今度は鋭いローキックを交えて強烈に連打。ムキムキの腕と脚で、まだまだ強力な一撃を繰り出せることが伝わってきた。

 米スポーツ専門局「ESPN」のMMA公式インスタグラムは、実際の動画を現役時代のハイキック写真とともに公開。多くの格闘家をリングに沈めてきた左足に、ファンからは様々な反響があった。

「とんでもないキッカー」
「過去最強のヘビー級ファイター」
「アメージングだ」
「この足は殺人級」
「彼はまだやれるんだね」
「右足で病院送り、左足で棺桶送り」
「最も恐れられているキッカー」
「まるで弾丸」

 K-1ではピーター・アーツやマーク・ハントら猛者に勝利。PRIDE等総合格闘技では、永田裕志やヴァンダレイ・シウバを左ハイキックでリングに沈めるほか、元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルとも死闘を繰り広げた。昨年、脳卒中を発症したため現役引退を表明していたが、“プロレス・ハンター”と呼ばれた男の元気な姿に興奮したファンが多かったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集